ここから本文です

「再婚」イジリー岡田の秘めた夢 みとってほしいのは妻じゃなかった!

東スポWeb 10/4(火) 10:09配信

 年下のネイリスト女性と再婚したタレントのイジリー岡田(52)が2日、都内で自著「イジリー岡田のニッポンのアイドル」発売記念イベントを開き、おのろけ全開で幸せを語った。

 7月にハワイで挙式。イジリーは「僕の誕生日の9月23日に入籍しました。おととい(同月30日)に披露宴パーティーをしました」と明かした。新妻については「仙台出身で37歳。メガネをかけると仲本工事さん似」。すでに同居している。

 愛妻は、イジリーの代名詞である“高速ベロ”にドン引きすることなく、むしろ「ベロを絶賛してくれます。僕のことをイケメンと言います」と胸を張った。

 公私とも堅調なイジリーだが、3年間、番組で共演して親交が深いアイドルグループ「乃木坂46」に死に際をみとってもらうというひそかな夢を抱いているという。

 イジリーは2013年から続いている乃木坂の冠バラエティー番組「NOGIBINGO!」(日本テレビ系)シリーズで、初回からMCを務めている。

「イジリーは乃木坂メンバーから“乃木坂のおじさん”と公認してもらっているほど信頼が厚い。『AKB48』とも共演しているけど、一番好きなのは乃木坂。新婚ホヤホヤで妻をもちろん愛しているけど、“彼女たちに最期をみとってもらいたい”と言ってはばからない」(関係者)

 先日はテレビでも下ネタが大嫌いであることを告白していたイジリー。根はマジメで、このギャップに乃木坂はじめ、周囲から慕われている。

最終更新:10/4(火) 10:58

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]