ここから本文です

メルセデス初のピックアップトラック、北米投入はなし

レスポンス 10/4(火) 10:00配信

メルセデスベンツが現在、開発を進めているブランド初のピックアップトラック。同車が、北米市場に投入されないことが分かった。

これは9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16において、メルセデスベンツを擁するダイムラーが明らかにしたもの。「メルセデスベンツ初のピックアップトラックは、欧州、オーストラリア、南アフリカ、中南米のニーズに対応できるモデルになる」と、北米投入の予定がないことを発表している。

メルセデスベンツが参入するのは、ボディサイズが中型のピックアップトラック。ピックアップトラックの本場、米国では、大型のピックアップトラックが主流。そのため、中型ピックアップトラックに対する需要のある市場へ、新型車を投入する。

なお、この新型ピックアップトラックは、ダイムラーとルノー日産の協力関係を生かして開発。日産の新型『NP300』と、アーキテクチャーの一部を共有する。設計とデザインは、ダイムラーが独自に行う。

生産は、日産NP300やルノー『アラスカン』とともに、アルゼンチン・コルドバのルノー工場と、スペイン・バルセロナの日産工場が担当する計画。メルセデスベンツは、「10月に新型ピックアップトラックのデザイン、戦略、投入市場などの詳細を発表する」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/4(火) 10:00

レスポンス

なぜ今? 首相主導の働き方改革