ここから本文です

桃井かおり、ドイツ映画祭で出演作『フクシマ・モナムール』上映に「笑顔をお届けできれば」

cinemacafe.net 10/4(火) 16:00配信

伝統と革新、優美さと鋭利さ、そして強烈な“密度”と“強度”を持つドイツ映画。今年も、そんなドイツ映画の現在と未来を提示する7作品を一挙上映する「ドイツ映画祭2016 HORIZONTE」を開催。このほど、女優で監督の桃井かおりから、ベルリン国際映画祭にも出品された自身出演作『フクシマ・モナムール』の日本上陸を前にコメントが到着した。

【画像】ドイツ映画祭2016「HORIZONTE」ポスタービジュアル

「HORIZONTE(地平/視野)」と題された本年度ドイツ映画祭は、TOHOシネマズ 六本木を会場に、最新ドイツ映画の中から選りすぐりの注目作・秀作をいち早く上映。気鋭の監督や俳優が来日し、舞台挨拶とQ&Aによって上映作品の魅力を“熱く深く”紹介する。

オープンニングを飾るのは、桃井さんが出演したドリス・デリエ監督作『フクシマ・モナムール』。結婚式の直前、式場から逃げ出した若いドイツ人女性マリー(ロザリー・トーマス)は、被災地の人たちに少しでも明るい気持ちを届けたいと、傷心を抱えて福島への慰問の旅を決心する。その試みもうまくいかず落ち込んでいたマリーだが、福島最後の芸者だというサトミ(桃井さん)という女性と知り合い、帰還困難区域で暮らすことに。何もかもが異なる2人の女性の間に、不思議な友情関係が築かれていく…という物語だ。

そのほか、13歳の誕生日プレゼントに日記をもらった少女が壮絶な日常や恐怖、希望や夢を書き綴る『アンネの日記』、ナチス戦犯アドルフ・アイヒマンを追う検事長を描く『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』、クリスマスイブに精神科病棟で過ごす若者たちを描く『クリスマスの伝説―4人の若き王子たち』など、全7作を上映。


今回、桃井さんは映画祭開催を前に、『フクシマ・モナムール』のロケ地であり、震災の現場である福島の被災者の方たちへ感謝と励ましのメッセージをコメント。10月15日(土)には、桃井さんや各作品の監督や出演者たちが登壇し、オープニング・セレモニー舞台挨拶が行われる。

■桃井かおり コメント
福島の、そして東北の人びとは未だ復興の真っ只中に居り、私たちも彼らを助けるために出来る限りのことをしなければなりません。この映画が被災者の皆様を元気づけ、ほんの少しだけでも笑顔をお届けできれば幸いです。南相馬での撮影中にご協力頂いた方々、大変お世話になった現地の皆様の親切は決して忘れません。より多くの方に、この映画を楽しんでもらえることを願っています。

ドイツ映画祭2016「HORIZONTE」は10月15日(土)~19日(水)までTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催。

最終更新:10/4(火) 17:15

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]