ここから本文です

【K-1】狂犬・小澤、武尊に「11月3日がお前の最後だ」

イーファイト 10/4(火) 21:47配信

 11月3日(木・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催の『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~初代フェザー級王座決定トーナメント~』に出場する、Krush -58kg王者・小澤海斗(K-1ジムEBISU小比類巻道場)のコメントが主催者を通じて届いた。小澤はトーナメント1回戦でISKA世界フェザー級王者ジョシュ・トナー(オーストラリア)と対戦する。

【フォト】過去2度にわたって乱闘騒ぎを起こしている武尊と小澤

「やってやるよって気持ちですね。ワンデートーナメントに出場するのは初めてですが、いつも通り相手をぶっ飛ばす気持ちでオファーを受けました」と、いきなり小澤節を炸裂させる。

 これまでK-1ではスーパーバンタム級(-55kg)で戦ってきたが、フェザー級(-57.5kg)が新設。「自分はずっと-58kgでやってきて、新階級が-57.5kgと聞いたので『俺が出ないと始まらねえだろ』って気持ちです」と、適正体重で戦えることを喜ぶ。

 トーナメントに懸ける意気込みは、「世界一を決めるトーナメントだから闘争心は過去最高っす。やっぱり世界一っていう響きもカッコいいし、殴り合いで世界一になれるというのは、男にとってこれは持って来いって感じでしょう」とテンションは高いが、1回戦で対戦するトナーについては「一応は映像見たけれどそんなにインパクトもないし、外国人選手だし、全然興味がない」と吐き捨てる。

 小澤が見ているのは、反対ブロックにいる優勝候補・武尊だけだ。「やっぱりアイツをぶっ飛ばさないと本当に気が済まないんで。早くアイツと戦って、アイツの顔面をぶん殴りたいっす。6月の(武尊との)試合が終わってから、ムカつく気持ちが全然とれなくて。ふと気づいた時には(武尊が)ムカつくって気持ちが浮かんでくる(苦笑)。顔を見る度にムカつきが増してきますね」と、武尊に憎悪を燃やす。

「俺はアイツがめっちゃ嫌いだから、アイツを早くぶっ飛ばしたい」と言い、決勝で武尊に勝って世界王者になることしか思いつかないという。

 そして、「早く試合がしたくてメラメラしていますよ。お互い2回勝たないと決勝では戦えないけれど、俺と戦うまで負けるなよって気持ちはありますよ。俺とアイツが決勝まで勝ち上がって、俺がアイツをブッ飛ばす。11月3日がお前の最後だよって感じです。俺が主役です」と、武尊に向けて言い放った。

最終更新:10/4(火) 21:47

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。