ここから本文です

【レポート】渋谷のど真ん中で熱湯風呂!『モンスト』3周年記念でダチョウ倶楽部が駆けつける

インサイド 10/4(火) 17:06配信

10月3日、株式会社ミクシィのXFLAGスタジオは、iOS/Android『モンスターストライク』の3周年キャンペーンの記者発表会をSHIBUYA109イベントスペースにて行いました。

【関連画像】

■『モンスト』の渋谷ジャックに上島さんも大興奮!

発表会では、お笑いグループ・ダチョウ倶楽部の肥後克広さん、寺門ジモンさん、上島竜平さんがスペシャルゲストとして登場。3人によるトークセッションが行われました。

水着にはっぴ姿という出で立ちで、ダチョウ倶楽部のみなさんがステージに登場。現在、上島さんが出演しているTVCMの放送開始に会わせ、上島さんが描かれた大型広告が渋谷駅前をジャック中。感想を聞かれた上島さんは、「渋谷に自分が描かれた看板が出るなんて本当に嬉しい!」とご満悦でした。

キャッチコピーである「モンスト絶対やるなよ!」の意味を聞かれた上島さんは、「実は深い理由がある」とキャンペーンの内容を説明。今回の「3周年感謝キャンペーン」では、『モンスト』をプレイしている全ユーザーを対象に、国内外問わず行き先が選べる旅行や、漫☆画太郎さんに似顔絵を描いてもらえる権利、オーブ1年分など豪華景品が当たる「モンストハッピーくじ」を実施。上島さんいわく、「みんながやると俺が当たる確率が下がる!」ということで、「モンスト絶対やるなよ!」なんだそうです。

司会の「旅行が当たったらどこに行きたい」との質問に、肥後さんは「近いからグアム」、寺門さんは「ニューヨークで肉が食いたい」、そして上島さんは「ブラジルでオリンピックが見たい!」とボケを披露するも、ややすべり気味の結果に。肥後さんから「昨日から考えた割りにウケないじゃないか」とダメ出しが飛ぶと、上島さんは「だから取材陣はやなんだよ!」と切り返し、爆笑を誘いました。

■ダチョウ倶楽部の“正しい熱湯風呂”に場内大爆笑



今回のキャンペーンにちなんで、10月1日~4日の期間限定でSHIBUYA109のイベントスペースに、ダチョウ倶楽部のネタである「押すなよ!絶対押すなよ!」を再現できる“「絶対やるなよ!」スペシャルフォトブース”を設置。そこで「熱湯風呂のプロ」であるダチョウ倶楽部の3人が“正しい熱湯風呂の撮影の仕方”をレクチャーしてくれることに。

上島さんは「熱湯風呂はファンタジー」との持論を展開し、「“熱い”とう表情を見せることが大切」と力説。肥後さんと寺門さんからは「怪我をしないように、風呂のへりや階段に気を付けること」と撮影時の注意点をアドバイスしました。

レクチャー終了後、司会から「お手本を見せてほしい」とのムチャ振りが。「熱湯風呂があれば見せたいけど……」としぶる3人が後ろを振り向くと、そこには熱湯が入った水槽が用意されており、3人は熱湯風呂を実演することに。「お前やれよ」から始まるお約束の流れのあと、「絶対押すなよ」を合図に上島さんが突き落とされ、熱湯風呂にドボン! 風呂から飛び出し、七転八倒する上島さんの姿に会場は大爆笑でした。 

恒例の「俺が俺が」から「どうぞどうぞ」の流れで、上島さんが熱湯風呂に挑戦することに。

「押すなよ、絶対押すなよ」と言う上島さんの背後から忍び寄る肥後さん。

そして上島さんは見事(?)熱湯の中へ!

「絶対やるなよ!」スペシャルフォトブース”は10月4日18:00で終了ですが、上島さんが出演している『モンスト』TVCMは絶賛放映中です。

最終更新:10/4(火) 17:06

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]