ここから本文です

庄司智春さんのイクメンぶりは本当だった!ミキティにかける“思い”とは?

M-ON!Press(エムオンプレス) 10/4(火) 15:37配信

ピンクリボン月間に合わせて開催された乳がん啓発イベント。ゲストの庄司智春さんからは、真のイクメンぶりがわかる数々の名コメントが炸裂しました☆

【詳細】他の写真はこちら

庄司さんもびっくり、男性も乳がんになる!?
10月は、乳がんについての正しい知識と検診普及を目的として設定されたピンクリボン月間。その一環として行われた“J.POSH×エイボン 乳がん啓発イベント”に、イクメン芸人としても名を馳せる庄司智春さんが登場。パパという立場で乳がんについて学びました。

その中で、庄司さんが一番驚いていたのが、男性も乳がんにかかるという事実。女性の1/100という少数ではありますが、なかなか自覚症状が出にくい病気なだけに油断は大敵です。庄司さんも改めて定期検診や自分の体に注意を払う大切さに気が付かされたようです。

ちなみに、女性の場合は“マンマチェック”を定期的に行うのがオススメ。マンマチェックとは、月に一度行う自己検診のことで、方法は以下の通りです。

1:鏡の前で両手を頭の後ろで組み、胸にくぼみや膨らみ、ただれ、ひきつれなどがないか目視

2:乳頭を軽くつまみ、血が混じったような分泌物が出ないか確認

3:4本指で「の」の字を書くように胸や脇の下をなで、しこりがないかチェック

4:背中の下に低めの枕か畳んだタオルを入れて、胸にしこりがないかチェック

もしいずれかの異常が見つかったら、すぐに乳腺科(もしくは乳腺外科)で診察を受けましょう。また、しこりにならないタイプの乳がんもあるため、マンマチェックだけでなく1~2年に一度のマンモグラフィーやエコー検査と言った定期検査も大切です。

これぞイクメンの鑑!?「パパとして奥さんを検診に連れて行く!」
ママだけの問題と思われがちな乳がんですが、育児や家事を担うママに何かあったらパパも子どもも大変。家族みんなが健康でいるために、そして何かあったら少しでも早く治るような対策をとることが大切です。

愛妻家として知られる庄司さんは「うちは共働きなので、ミキティが笑って帰るとやはりうれしいなと思うし、妻の健康を願うのは当然のこと。乳がんは女性のものだけでなく、そばにいる男性も勉強しなくてはいけない。乳がん検診なども、パパとして奥さんを連れて行く!くらいの勢いが大切だと思っています」と力説。イベントで学んだことをミキティはもちろん芸人仲間にも教えたい、奥さんの体調を気遣うのは当たり前のことと、最高のパパぶりを披露していました。

イクメン芸人として売り出している庄司さんですが、イクメンとしての姿勢にも一家言が。

「できるだけ家庭内が円満、円滑になるように、洗い物や洗濯は結構やりますね。手伝えば彼女のテンションが上がって笑顔になるんです。最初はサポートしてやった!というのをアピールしちゃっていましたが、今は当たり前のことだと考えるようにしてます。その方がスムーズにお手伝いできるんですよね。手伝ってやったぞという意識が強いと、どうしてもどこかで感謝を押し付けがちなので」

庄司さんのサラリと家事育児を手伝う姿勢に、もう一人のゲスト・山口もえさんも「すご~い♡」と感嘆の声をあげていました。

庄司さんがつけていたピンは、ピンクリボングッズ!
庄司さんの衣装は、なんとセルフプロデュースというほどおしゃれ好き。最終チェックはミキティにお願いするそうです♡

おしゃれに着こなしていたピンクのジャケットの襟元に、キラリと光っていたクマのピンバッチは、9/28から発売されたピンクリボングッズのひとつだそう。アクセサリーブランド“Cuvee”とコラボしたこの商品は、エイボン・プロダクツのオンラインストアと、新宿・大阪の直営店で発売されています(1個¥1,080)。

認定NPO法人J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)では、がん・乳がん検診についての啓発活動と並行して、専門家の育成、乳がん患者の遺児や闘病中の子どもへの助成活動なども行っています。これらの活動を支えるのが企業からの支援や、各種ピンクリボングッズの販売などを通じた寄付。庄司さんがつけているピンバッチも、1個につき10円が寄付されるそうです。なお、化粧品ブランド“エイボン”はピンクリボンキャンペーンの一環として、保護者が乳がんで死亡あるいは闘病中で就学困難な高校生を対象にした奨学金制度「J.POSH 奨学金まなび」に350万円の寄付を贈呈しました。

「お母さんに何かあったら、子どもが頼れるのは親戚など限られた人だけ。だからこそ、こういう制度があるのは心強い」と山口もえさんも言うように、これらの制度があることを知り、支援することも大切ではないでしょうか。

最終更新:10/4(火) 15:37

M-ON!Press(エムオンプレス)

なぜ今? 首相主導の働き方改革