ここから本文です

【台湾】9月PMIは56.5、18カ月来で最高

NNA 10/4(火) 11:30配信

 大手民間シンクタンクの中華経済研究院(中経院)が3日に発表した9月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は56.5で、前月比1.5ポイント上昇し、過去18カ月の最高を記録した。景気拡大と後退の節目となる50を7カ月連続で上回った。
 製造業の主要6業種のうち、「拡大」を示したのは4業種。各業種の指数は「電子・光学」が62.5、「電力・機械設備」が56.8、「輸送機器」が51.8、「化学・バイオ医療」が52.5。一方、「基礎原材料」は48.3、「食品・紡織」は47.3だった。
 PMIを構成する主要5項目別では、「新規受注」が59.3(前月比2.0ポイント上昇)、「生産高」が59.9(2.6ポイント上昇)、「人材雇用」が56.9(0.1ポイント上昇)、「サプライヤー納期」が54.0(1.3ポイント上昇)、「原材料在庫」が52.4(1.4ポイント上昇)となった。
 9月の非製造業購買担当者指数(NMI)は51.0で、前月比1.5ポイント下落したものの、4カ月連続で50を上回った。
 中央通信社によると、中経院の呉中書院長は、PMIの上昇とNMIの下落について「景気は緩やかな回復傾向にあるが、伸びはまだ弱い」としている。

最終更新:10/4(火) 11:30

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]