ここから本文です

バレンティン残留熱望「ヤクルトに10年ぐらいお世話に」移籍なら日本最優先

デイリースポーツ 10/4(火) 6:04配信

 ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(32)が3日、成田空港から自宅がある米国に向けて出発した。今季が3年契約の最終年。自身の去就について、来季も国内球団在籍を最優先とする意向を明かした。

【写真】これが捕手版“バレンティンシフト”振り切ってもバット届かず

 日本への愛着は強かった。「日本でプレーすることを大事にし、優先するという選択肢になると思います」と真剣な表情で語った。さらに「個人的にはヤクルトで10年ぐらいお世話になりたい」と改めて残留を熱望した。

 今季31発など在籍6年間で通算185本塁打の実績がある一方で、外野の守備や好不調の波が激しい打撃などに不安が残る。球団は既に本人サイドとの交渉に入っており、奥村国際グループ担当部長は「こちらも残すという意思はある。具体的な話はこれから」と説明した。

 今季年俸は3億6000万円と高額。条件面で折り合いがつくかどうかが焦点で、退団の可能性もある。“60発男”の今後の動向に注目が集まりそうだ。

最終更新:10/4(火) 7:46

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。