ここから本文です

セルティックの13歳が“超飛び級”でU-20デビュー “ネクストメッシ”との声も

ISM 10/4(火) 9:45配信

 現地時間3日(以下現地時間)、セルティック(スコットランド)の下部組織に所属するコートジボワール出身の13歳カラモコ・カデル・デンベレが、飛び級でU-20チームの試合に出場した。英『デイリー・ミラー』紙(電子版)など複数メディアが報じている。

 『デイリー・ミラー』によると、デンベレは右サイドからの左足を駆使したカットインが得意で、そこからパスも出せ、セットプレーのキックも光るものがあるという。力強さとスピードを兼ね備え、ボールを持ったら誰も近づけないような雰囲気を醸し出し、そのプレースタイルなどから、世界中に数多く存在する“ネクストメッシ”の1人として将来を期待されているとのこと。

 6選手がU-19スコットランド代表に招集されたこともあり、異例の“超飛び級”でデベロップメント・チームのメンバーに初招集されたデンベレ。3日のハーツ戦でベンチ入りすると、終盤の81分から途中出場。身長や体格で大きな差がある年長の選手たちのなかでプレーした。

 セルティックのサポーターグループ『The Lisbon Lions 1967』のフェイスブックには、「この少年は特別だ。13歳でU-20の試合に出場するなんて、ごく稀なことだ」と驚きの声が寄せられている。

最終更新:10/4(火) 9:45

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

なぜ今? 首相主導の働き方改革