ここから本文です

臨床現場での即時検査が可能な遺伝子検査機器

MONOist 10/4(火) 8:55配信

 ロシュ・ダイアグノスティックスはPOCT用遺伝子検査機器「コバス Liat」を、2016年9月22~24日にパシフィコ横浜で開催された「JACLaS EXPO 2016 臨床検査機器・試薬・システム展示会」に出展した。同機器および試薬の価格は未定だが、2017年に発売予定としている。

 酵素反応を利用して少量のDNAを増加させるPCR法は、遺伝子検査のスタンダードとして世界中で用いられている。コバス Liatは、リアルタイムPCR法を用いた、POCT用の全自動遺伝子検査機器だ。POCT(Point of care testing)とは、臨床現場即時検査のことで、被験者の傍らで行うため検査を身近に感じられ、検査時間を短縮することができる。

 コバス Liatの操作は簡単で、検体を専用のアッセイチューブに滴下し、機器にセットするだけだ。30分以内に結果を表示する。チューブは個別包装のため、必要な時に必要な量だけ使用できる。また、寸法がW11.4×L24.1×H19.0cm、重量が3.76kgと、持ち運びしやすい軽量でコンパクトなデザインとなっている。

 コバス Liatは、これまで検査室の機器でしかできなかったPCR法を、ICUや外来、病棟などで、より迅速・簡便に検査できるよう開発された。

最終更新:10/4(火) 8:55

MONOist