ここから本文です

【英国】英企業、事業拡大に前向き 昨年9月以来の高水準=CBI

NNA 10/4(火) 11:45配信

 英産業連盟(CBI)が2日発表した9月の成長指数は、向こう3カ月の民間部門の事業拡大見通しがプラス22ポイントとなり、昨年9月以来の高い水準となった。9月までの3カ月間では事業活動がやや低下しているものの、楽観的な見通しが強いことが示された。
 調査は製造、流通、サービス業の計778社を対象に行われた。9月までの3カ月間に事業活動が「拡大した」と回答した企業の割合は「縮小した」を3ポイント上回ったが、8月の前回調査の8ポイントを下回った。製造業ではポンド安により事業が拡大しているものの、小売りや消費者向けサービスではおおむね横ばいとなり、ビジネスサービスや専門サービスはわずかに低下した。
 CBIの経済部門を統括するレイン・ニュートンスミス氏は、「輸出業者は引き続きポンド安の恩恵を受けているが、サービス業では需要に対する不透明感が増しているだけでなく販売量の低下も感じている」と指摘。今後の英国と欧州連合(EU)の関係に対する不確実性が楽観的見通しや投資計画を抑えているとして、企業は政府がEU離脱をめぐる交渉姿勢を明確にすることを望んでいると述べた。また、政府が11月23日に発表する秋季財政報告では、投資や経済成長を促進する政策を示すよう求めている。

最終更新:10/4(火) 11:45

NNA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。