ここから本文です

内村光良監督・主演『金メダル男』“事件”続発の沖縄ロケ、メイキング写真公開!

cinemacafe.net 10/4(火) 17:00配信

内村光良が知念侑李(Hey! Say! JUMP)とともにW主演を務める映画『金メダル男』。このほど本作から、過酷な沖縄ロケを物語るエピソードとともに、ロケ中に撮影された貴重なメイキング写真がシネマカフェに到着した。

【画像】『金メダル男』内村光良メイキングカット

本作は、<一等賞>=金メダルにとりつかれた“金メダル男”・秋田泉一の、何度失敗しても立ち上がり、挑み続ける、切なくもおかしい人生を描く抱腹絶倒“全力”エンタテインメント。知念さんと内村さん2人で主人公の秋田泉一を演じ、さらにヒロイン・木村多江、ムロツヨシ、土屋太鳳、平泉成、宮崎美子、笑福亭鶴瓶ら、豪華金メダル級のキャストも起用され、話題を呼んでいる。

内村監督にとっては、『ピーナッツ』(’06)、『ボクたちの交換日記』(’13)に続く3本目の監督作で、2011年に上演された1人舞台「東京オリンピック生まれの男」が原案。本作では、監督のみならず、原作・脚本・主演の4役を務め、バラエティ収録の合間を縫ってはロケハンや撮影後の編集、さらに劇中歌や劇伴の作詞・作曲を手掛けるなど、全力で純度100%の“内村ワールド”を作り出した。

解禁されたメイキング画像は、2015年10月7日のクランクインから順調に撮影が進む中、“内村組”が満を持して挑んだ“沖縄ロケ”決行時に撮影されたもの。劇中、大人になっても変わらず一等賞を目指し続ける泉一が、ある偉業を達成しようと挑戦する最中で遭難し、無人島に流れ着くシーンが撮影されたが、日中のシーンがほとんど。そのため、内村監督とスタッフは、3日間で太陽が沈む前にすべて撮り終える、というタイトなスケジュールが課せられた。

さらに、泉一が無人島に遭難する原因となる嵐の撮影時には、宣伝プロデューサーや内村監督のマネージャーまでもが海に入ってボートを揺らし、巨大送風機を回して嵐を演出するなど、チーム一丸となって順調に撮影を進めていた“内村組”。だが、そんな“内村組”を2つの事件が襲うことに!

事件ファイル(1)ホオジロザメ空輸事件
嵐に遭遇し、無人島に遭難した主人公・泉一が、俳句を詠みながら自分以外の生物の存在を確認し、孤独を紛らわすというシーンの撮影中。内村監督は当初、その生物としてホオジロザメを構想。しかし、本物のホオジロザメを泳がせるわけにもいかず、採用された手段が“ホオジロザメの背びれを背負った”スタッフが海を泳ぐという方法だった…。なんとか内村監督のアイデアを実現させるため、背びれをアメリカから輸入し、現地で受け取ったスタッフ。しかし、その受け取った現物は、背びれ型をした浮き輪だった! その場は爆笑となったが、撮影には使えないため現場は再び騒然。結果、苦肉の策としてホオジロザメではなく、別の生き物が代打で登場することになったという。

事件ファイル(2)スチールカメラマン、頑張り過ぎた事件
さまざまな兼ね合いもあり、少数精鋭でハードな撮影に挑んだ内村組。少人数だったため、プロデューサー、宣伝担当だけでなく、マネジャーなど現場にいる全員がウエットスーツに着替えて、灼熱の沖縄の太陽のもと、本当にチームが一丸となって撮影に挑んでいた。宣伝スチールを撮影するカメラマンも例外でなかった。写真を撮る! 撮影を手伝う! 写真を撮る! 本当に縦横無尽のフットワーク。どんどん集中して手伝う、撮影するを繰り返す。ポケットに入れられるものはポケットに入れて、一時も無駄にせず動いていた。だが、熱心になりすぎてしまった。気づいたら、その日に撮影したデータをポケットに入れたまま、海に入っていた…。

現場で活躍したが、本業はカメラマン! そんな彼にスタッフがひと言、「たまに水没したスマートフォンを乾かしたら復活するから、なんとかなるんじゃ?」…。運命は沖縄の太陽に託された。先ほどまで撮影スタッフにとって難敵だった太陽は、もはや頼りの綱。数時間後、無事にデータを取り出すことに成功したのだった――。

『金メダル男』は10月22日(土)より全国にて公開。

最終更新:10/4(火) 17:00

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]