ここから本文です

京都ロックンロール・トリオ“台風クラブ”、本 秀康主宰「雷音レコード」より7inchヴァイナルをリリース

CDジャーナル 10/4(火) 17:26配信

 京都から現れたロックンロール・トリオ“台風クラブ”が、漫画家 / イラストレーター・本 秀康主宰の7inchヴァイナル専門レーベル「雷音レコード」(rhion.jp)より新作「ずる休み」(7inch vinyl RHION-13 1,000円 + 税)をリリース。東洋化成が主催する〈レコードの日〉に合わせ、11月3日(木・祝)の発売が決定しています。

 昨年リリースの3曲入りCD-R作品『ずる休み』が注目を浴び、今年8月に発売された音楽ライター・岡村詩野主宰「Helga Press」のコンピレーション・アルバム『From Here To Another Place』への参加も話題となった台風クラブ。7inchには、本 秀康がCD-R『ずる休み』からセレクトした「ずる休み」「まつりのあと」の2曲を収録。カヴァー・アートにはおなじみ“レコスケくん”をフィーチャーしています。

最終更新:10/4(火) 17:26

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]