ここから本文です

上白石萌音のデビューミニアルバム発売、「君の名は。」主題歌カバーも

映画ナタリー 10/4(火) 10:06配信

「ちはやふる」2部作や「君の名は。」などで知られる上白石萌音のデビューミニアルバム「chouchou」が明日10月5日に発売される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「chouchou」は、古今東西の映画の主題歌や挿入曲をカバーした作品。ピアノ弾き語りによる「時をかける少女」挿入歌の「変わらないもの」や、英語詞をアカペラで歌う「レ・ミゼラブル」劇中歌「On My Own」などが収録される。さらに「君の名は。」主題歌の1つ「なんでもないや」のカバーも。

現在、HYの楽曲をカバーした「366日」ミュージックビデオのショートバージョンがYouTubeにて公開中。この映像はクリエイティブディレクター箭内道彦が手がけている。

なお上白石の出演作「溺れるナイフ」が11月5日より公開される。

上白石萌音「chouchou」収録曲
01. 366日(映画「赤い糸」主題歌 / オリジナル:HY)
02. Woman “Wの悲劇”より(映画「Wの悲劇」主題歌 / オリジナル:薬師丸ひろ子)
03. 変わらないもの(劇場版アニメーション「時をかける少女」挿入歌 / オリジナル:奥華子)
04. On My Own(映画「レ・ミゼラブル」劇中歌 / オリジナル:サマンサ・バークス)
05. なんでもないや(movie ver.)(映画「君の名は。」主題歌 / オリジナル:RADWIMPS)
06. SMILE(映画「モダン・タイムス」挿入歌)

最終更新:10/4(火) 10:06

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]