ここから本文です

平山みき、「真夏の出来事」発売記念ライブを開催

CDジャーナル 10/4(火) 17:26配信

 1970年に「ビューティフル・ヨコハマ」でレコード・デビューし、翌年発売した2作目「真夏の出来事」が50万枚の大ヒットを記録するなど、“筒美京平の秘蔵っ子”として活躍した平山みき。2016年に本格的に再始動を果たし、ザ・サーフコースターズと新たにレコーディングした新曲「真夏の出来事 ~ナウ・アンド・ゼン」を7月にリリースした彼女が、10月7日(金)に東京・渋谷 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASUREにてCD発売記念ライヴ〈平山みき with ザ・サーフコースターズ「ビューティフル」〉を行ないます。

 「真夏の出来事 ~ナウ・アンド・ゼン」の発売を前に、今年5月にはザ・サーフコースターズをバックに従えたツアーを行なっており、“あのツアーの様なノリいいステージ”を予定しているという今回のライヴ。デビュー当時にライヴを開催したほか、全線座やパレス座といった映画館など渋谷という街には「ビューティフルな思い出がいっぱいあります」と語る平山は、当日に向けて「ずいぶんと歌っていない曲もいっぱいやるつもりです。もちろん、あの曲やこの曲も歌います。私も若い頃とは違うけど、声は若い頃より出る様になってうれしいのです。ぜひ、平山みきのすべてを観に、聴きに、体感しに来てくださいね。お待ちしています」とのコメントを寄せています。

 チケットは各プレイガイドにて受付中。YouTubeでは、先のツアーの映像を中心とした「真夏の出来事 ~ナウ・アンド・ゼン」のミュージック・ビデオ(youtu.be/fr8Gyk_QJKA)も公開されています。

最終更新:10/4(火) 17:26

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]