ここから本文です

WBA王者・井岡「大みそかV4戦」大阪以外で開催も

東スポWeb 10/4(火) 16:23配信

 WBA世界フライ級王者、井岡一翔(27=井岡)のV4戦が大阪以外で開催される可能性が浮上した。父でジム会長の一法氏(49)が4日明かしたもので、2011年以来恒例となっている大みそか興行が、今年は新たな形となるかもしれない。

 一翔は7月のV3成功後、WBAから同級スーパー王者のファン・フランシスコ・エストラーダ(26=メキシコ)との対戦指令が出ていた。

 だがエストラーダはWBC世界スーパーフライ級王者のローマン・ゴンサレス(29=ニカラグア)との対戦を目指して王座を返上。そのため同級暫定王者のスタンプ・キャットニワット(18=タイ)との「指名試合になると思う」(一法会長)との見通しを明かした。

 また開催地も「大阪以外でもやりたい、といろいろな話をいただいている」と、大みそかに5年続いたエディオンアリーナ大阪から変更となる可能性も示した。

 この日は11月11日に神戸市立中央体育館で行われる真正ジムとの合同興行「東洋太平洋(OPBF)4大タイトルマッチ」の発表会見に出席。「どの選手もかなり追い込んでますから、当日は必ず熱い試合になると思います」と、史上初めてOPBFタイトル戦が4試合同時に行われる興行をアピールしていた。

最終更新:10/4(火) 22:39

東スポWeb

なぜ今? 首相主導の働き方改革