ここから本文です

【パリモーターショー16】フェラーリ F12 に「スターリング・モス」…往年のF1ドライバー仕様

レスポンス 10/4(火) 12:00配信

イタリアのフェラーリは9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16において、『F12ベルリネッタ』の「スターリング・モス」仕様を初公開した。

画像:フェラーリ F12ベルリネッタ の スターリング・モス

フェラーリは2017年、創業70周年を迎える。これを記念した企画のひとつが、カスタマイズの「テイラーメイド」の経験を活かして、数々の象徴的な歴代モデルを想起させる70種類の特徴と仕様を、現代的にアレンジすること。

パリモーターショー16のフェラーリブースでは、70種類のうち、数例をディスプレイ。そのうちの1台が、F12ベルリネッタのスターリング・モス仕様。F1で活躍した往年の名ドライバー、スターリング・モスに対する敬意を表した特別な1台。

また、スターリング・モスは1961年、フェラーリ『250 GT Berlinetta SWB』を操り、「ツーリスト・トロフィー」を制している。

このF12ベルリネッタのボディカラーは、「Blu Scuro」と呼ばれる深みのあるブルー。ボンネットからフロントフェンダーにかけて、ホワイトストライプが添えられ、ボディサイドには丸いデカール。インテリアは、シートなどを上品なブルーで仕上げている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/4(火) 12:00

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。