ここから本文です

『君の名は。』主題歌でヒロイン・上白石萌音がMステデビュー!

シネマトゥデイ 10/4(火) 20:54配信

 大ヒット中の映画『君の名は。』でヒロイン・宮水三葉の声優を務めた女優の上白石萌音が4日、都内でデビューミニアルバム「chouchou」の発売記念イベントを開催し、集まった約2,000人を前に同作の主題歌の一つ「なんでもないや(movie ver.)」など4曲をしっとりと聞かせた。また、同曲で10月14日放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」に出演することがサプライズ発表されると「『ミュージックステーション』って、あの『ミュージックステーション』ですか!?」と驚きを隠せなかった。

【写真】ふんわりスカートが可愛い!上白石萌音

 ライブイベントでは「なんでもないや(movie ver.)」のほかに、全編英語歌詞の「On My Own」などを熱唱した上白石。1曲目を歌い終えた際には「一生で1回の歌手デビュー記念ライブということで、人が来るか心配でした。でも、こんなにたくさんの方に来ていただいて。本当にありがとうございます」とにっこり。

 曲間のトークでは、「普段お芝居をしているからこそ、言葉の意味とか奥にある深い部分とか、そういうものを伝えられるような歌を歌いたいと思います」と歌手デビューへの思いを吐露。デビューアルバムは5日に発売となるが、「明日(5日)がスタートラインで歌をもっと頑張らないといけないので、もっと歌が歌えるようになったらぜひ聞きにいらしてください」と話した。

 また、イベントには『君の名は。』を鑑賞したファンも多く集まっており、上白石が「何回観ました?」と問いかけると「8回」「12回」「14回」と声があがり、「いっぱいありがとうございます」と大喜びする一幕も。

 そして、同作の監督を務めた新海誠からのお祝いのメッセージが流れたほか、上白石の「ミュージックステーション」出演が発表されると、驚きつつ「どうしよう!? 練習します。今がピークかもしれないですね」と喜びいっぱいだった。(取材・文:中村好伸)

最終更新:10/4(火) 20:54

シネマトゥデイ

なぜ今? 首相主導の働き方改革