ここから本文です

【アストンマーティン AM-RB 001】レッドブルとのコラボレーションにより誕生

レスポンス 10/4(火) 12:15配信

アストンマーティンは10月3日、F1チームのレッドブル・レーシングと共同開発したハイパーカー『AM-RB 001』のコンセプトモデルを都内で日本初公開した。限定150台を生産、販売し、価格は3億円前後の見通しだ。

[関連写真]

開発を手がけたアストンマーティンのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼チーフ・スペシャル・クリエイティブ・オフィサーのマレク・ライヒマン氏は「このクルマはレッドブル・レーシングチームとの良好な関係のもと、すべて勝利に向けて造られたもので、非常に特別で革新的でユニークなモデルになる」と紹介した。

特別で革新的な理由としては「パワー・ウェイト・レシオが1対1であること。またデザインがレッドブル・レーシングチームのチーフ・テクニカル・オフィサーでF1マシン・デザイナーのエイドリアン・ニューウェイ、私、そしてデザインチームの3者でコラボレーションによるもの、また公道でもサーキットでも走行できること」などをあげた。

さらに「グランド・ダウン・エフェクトがゼロとなっており、すべての空気がエンジンやブレーキを冷却させるため、ダウンフォースを発生させるように設計されており、すべてはエンジニアリング技術、そしてデザインの結晶となっている」と強調した。

その上で「この1台が目指したのは、ダイナミックでありながらも、きちんと実際に乗って使えること。このクルマは低スピードでもとても楽しみながら運転することができる」と話した。

AM-RB 001のスペックに関しては自然給気V12エンジンをミッドシップした2シーターで、パワー・ウェイト・レシオであるということが明らかにされている。またAM-RB 001はコードネームで、ライヒマン氏は「今後名前を変えることを約束する」と述べていた。

《レスポンス 小松哲也》

最終更新:10/4(火) 12:15

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。