ここから本文です

世界最大・最長の木版画 5日須賀川で展示

福島民報 10/4(火) 12:05配信

 ギネス世界記録に認定された世界最大・最長の木版画「BANGA COSMO-242」の展示会は5日、福島県須賀川市の須賀川アリーナで開催される。ふくしま再生会議の主催、須賀川市の共催。
 木版画を制作したのは広島市在住の作家君島龍輝さん(60)。栃木県の出身だが、27歳で版画の道に入ろうと旧岩瀬村(現須賀川市)に移住した縁があり、復興支援として実現した。
 作品は畳サイズの版木242枚で構成。一例に並べると愛と命の物語、正方形に並べると太陽を中心に3匹の龍が表れる。広島平和記念公園に全国から届いた折り鶴の再生紙に印刷した。今回は正方形で展示する。
 入場無料。開場時間は午前10時から午後8時。問い合わせは実行委員会 電話0248(94)5722へ。

福島民報社

最終更新:10/4(火) 12:10

福島民報