ここから本文です

韓国前首相、最高裁で真実を明らかに…“亡者のメモ”を再び判断

WoW!Korea 10/4(火) 11:07配信

「ソン・ワンジョンリスト」疑惑に巻き込まれたイ・ワング前首相事件の真実が最高裁判所で最終的に決定される。“亡者のメモ”に対する信憑性判断をもう一度受けることになる。

 元建設会社会長の故ソン・ワンジョン氏の最後のインタビューが入った録音ファイルのコピーや死亡前に作成したメモなどに対する1、2審が証拠能力を別に判断したという最高裁の結論が注目される。

 4日、法曹界によると特別公判チームは先月30日、控訴審裁判部であるソウル高裁刑事2部に法理誤解を理由に上告状を提出した。

 検察は先月27日、控訴審がイ前首相に1審と異なり無罪を判決すると当日すぐに「法理判断に対する立場が異なる」とし、上告審で再び争うという意思を明かした。

最終更新:10/4(火) 11:07

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。