ここから本文です

「ウメハラがぁ!」の名実況はなぜ生まれたのか 裏方として格闘ゲームを支え続ける電波実況の中の人に話を聞いた

ねとらぼ 10/4(火) 20:10配信

 「ウメハラがぁ! 捕まえてぇ! ウメハラが決めたーっ!」――隆盛を極めていた人気タイトルが下火となり、格闘ゲーム界全体が低迷期にあった2003年夏。格闘ゲーム全国大会“闘劇”で実況を務めていた「がまの油」(当時23歳)さんの言葉は、ネット上に大きな足跡を残すことになる。

【ニコ動の一大ジャンル「電波実況」】

 このゲームタイトルは当時大人気だった「ギルティギアイグゼクス」。後に日本初のプロゲーマーとなる梅原大吾(通称・ウメハラ)の快進撃をゲームの専門用語をほとんど使わず、少ない言葉で分かりやすく、そして感情をあらわにしながら叫んだこの実況は、後に「電波実況動画」としてネット上に公開され、爆発的な再生回数と膨大な量のMAD動画を誕生させた。

 この“電波実況”から約13年――かつては低迷していた格闘ゲーム界だが、今では数々のゲーマーがプロとして活躍し、「e-Sports」という言葉が生まれるなど、環境は大きく変化した。現在、がまの油さんは実況から遠ざかっているものの、大会の運営などの裏方として格闘ゲーム界に関わり続けている。

 ゲームを愛する者の一人として低迷期の格闘ゲーム界を陰で支え、“電波実況”で格闘ゲーム人気の復活に多大な貢献をしたがまの油さん。今回、この「電波実況の中の人」に話を聞き、一大コンテンツとして広がりを見せ続ける“電波実況”はなぜ生まれたのか、どのように格闘ゲームを支え続けたかなど、自身の思いを語ってもらった。

●“電波実況”をきっかけに、ゲームそのものにも興味を持って欲しい

―― ”電波”とまで呼ばれる実況で今でも話題となっていますが、あの実況スタイルになったのはなぜでしょうか。

がまの油(以下、がま): いきなり核心を突いてくる質問ですね(笑)。まず当時の背景を押さえる必要があります。あのころは動画サイトでゲームを見るという環境が整っておらず、自分の遊ぶゲーム以外を観戦するといったことはほとんどなかった時代です。

 そのころはアーケードゲームタイトルの発表が少なくなってきていましたが、各タイトルはしっかり盛り上がっていたんです。そこで色んなゲームの全国大会を同時に行って盛り上がれば、メーカーもそれに活路を求めて新しいタイトルを作ってくれるはずと考え、「闘劇」の立ち上げに関わりました。そして「さまざまなゲームのプレイヤーがどうやれば他のゲームを見てくれるか」を考える中で思い付いたのが、分かりやすい実況と、動画のない時代から既に有名で色んなタイトルをプレイしていた「ウメハラ」さんでした。

 “電波実況”のとき、ウメハラさんはチームが絶体絶命の状態で登場して、スーパープレイを繰り返す、という展開になっていました。実はその直前にも別のタイトルで劇的な逆転勝利を収めていて、観客のウメハラさんに対する期待は非常に大きかったんです。そんな空気の中でウメハラさんは観客に応えるようなプレイをしてみせたわけですから……あの場にいた人ならあのテンションの実況になるのも分かってもらえると思います。

―― この“電波実況”で何か変化はあったでしょうか。

がま: 先に述べた通り、当時は動画サイトとかもまだ充実しておらず、動画が出るのはもう少し後になりますね。私はその時ゲームセンターでイベントを行ってきた実績を評価してもらい、闘劇の直後から名古屋のアミューズメント施設に移ることになりました。そのころはメダルゲームの売上がすごくて……皮肉にもビデオゲームで買われた手腕を発揮する余裕はなかったです。

―― “電波実況”の反響が大きかった事についてはどう思われますか。

がま: ニコニコ動画で有名になっていたことはかなり後で知ったのですが、最初はウメハラさんの試合が評価されて人気になったのだと思っていたので、びっくりしましたね。それからしばらくしてフリーでイベントを始めるのですが、もともとイベント運営のスキル自体に自信はありましたので、“電波実況”の知名度をうまく生かせば、よりたくさんの人を楽しませることができるんじゃないか? とポジティブに捉えて動くことができたました。そういう意味では感謝しかないですね。

―― MAD動画が多数投稿され続けている事に関してはどう思われますか。

がま: 「“ウメハラが歌ってみた”とか書いてあるけど、実際はウメさんじゃなくて俺じゃん」とは思います(笑)。でも、その動画をきっかけにウメハラさんやゲームの魅力に気が付いてくれるのであれば、どんどん利用してもらいたいですね。

●「このプレイヤーのここがすごいんだから、もっとみんなここを見てよ!」と思うことが多くなった

―― ゲームはいつごろから始めたのでしょうか。また、ゲームセンターにはいつごろから通い始めましたか。

がま: 僕くらいの世代はみんなそうだと思いますが、物心がついたころにはゲームをしていましたね(笑)。最初はRPGが好きで、手でゲームボーイのサガをやりながら足でFF3のレベルを上げしたりしてました。その後はやはり「スト2」が衝撃的でした。最初にプレイしたのはショッピングセンターの小さなゲームコーナーでしたが、おかげでいろいろな友達もできたし、そういったゲームを始めやすい環境は大事だなあと思います。

―― 最近はゲームセンターに足を運んだりしていないんですか。

がま: 最近はほとんど行かなくなってしまいましたが、「ストリートファイター4(通称・スト4)」が出たころはよく行ってました。それこそ仕事が終わったらゲームセンターに行って朝まで遊んで、そのまま仕事に行くっていう感じで。自分は普通に遊んでいただけだったのであまり気にしていなかったのですが、周りの話ではスト4で最初にマスター(実力者であることを示す称号)になったのは自分だったらしいです。

―― 一番ハマったゲームはどのタイトルでしょうか。

がま: 見る楽しみを覚えたのは「バーチャファイター3 tb」ですが、一番ハマったゲームで言うと絶対に「ストリートファイターIII 3rd STRIKE」ですね。地方とはいえ、本当に朝から晩までやっていましたし、地方のゲームセンターの大会では何度か優勝しています。ちなみに今はゲームしている暇がない分、逆にダラダラとできるゲームがとても居心地が良くて、ドラクエ10を半分寝ながら脳死プレイすることが多いです(笑)。

―― ゲーム実況を始めたのはいつごろからだったのでしょうか。

がま: 20歳より前ぐらいからかなぁ。ゲームセンターでアルバイトしていた時ですね。自分がゲーム好きだからこそゲーセンでバイトを始めたし、自分が好きなタイトルの大会をやりたかったから実況を始めた……という流れで、あんまり他の理由はないですね。

―― 実況は「裏方」だと思います。プレイヤーとして大会に参加したいとは思わなかったのでしょうか。

がま: もともとは自分が大会に出たいから大会を開いたのが先ですね。でも大会を見て、色んなゲームの全国大会なども経験してきて、自分が活躍したいというよりもプレイヤーのすごさを伝えたいとか、「自分だったらイベントをこうやって面白くできる」と思うことが多くなり、プレイヤーとして参加することは減っていきました。

 イベントがあるたびに手伝ってくれるスタッフには毎回伝えていることなのですが、100人集まったイベントでゴミが一個落ちていて、100人がそのゴミを跨いで歩くたびに1ずつ苦労するぐらいなら、運営は10の苦労をしてでもゴミを拾って捨てにいくべきなんです。そんなゴミ拾いの楽しみ方を知ってしまったら、自分でゲームをすることよりも、来てくれた人に少しでも楽しんでもらえるように働く方がよほどいいと感じますよ。

●小さなイベントでも100時間以上は費やしている

―― 格ゲーイベントの運営と一言で言っても、さまざまな作業があるかと思います。具体的にイベントはどのように作られるのでしょうか。

がま: 一概にイベントといってもこちらから企画するものから、委託されるものなど色んなパターンがあるのですが、事前準備だけでも半年以上前から会場視察や予約、3カ月前から企画書作成、遅くとも1カ月前の告知が必要ですし、機材やスタッフの確保、タイムスケジュール作成もやらなくてはいけません。また、最近ではゲームのアップデートもあるので、家の中は当日までゲーム機だらけです(笑)。イベント時は設営から、当日の進行、配信確認やテキスト、トーナメントといったものの更新、イベントアピールのためのツイートなどが主な内容です。片付けだけとっても、借りたコントローラー40台を発送したりするので人数がいても大変な作業量です。

 その他にもメーカー返送品や報告、記事更新や、終わった直後は次イベントの告知タイミングでもあるので、イベント後も1週間は落ち着かないですね。そんな感じなので、小さなイベントでも100時間以上は費やしていると思います。

―― 月に何件くらいのイベントに関わっているのでしょうか。またイベントの規模はどの程度でしょうか。

がま: 今は大体月1件から3件、規模はネット配信向けのものから現場参加型もあるので一概に比較できませんが、参加者数でいうと100人から300人ですね。もちろん、100人のイベントよりも300人のイベントの方が準備に時間がかかるので、大規模なイベントの近くはなるべく他のイベントが重ならないように調整しています。

―― 「格ゲーイベントの運営を担える人材の育成」も活動の一環とされているように感じます。これにはどのような意図があるのでしょうか。

がま: 今までは自分で全てを把握できる範囲のイベントしかしてこなかったですが、シーンが大きくなるにつれてそうもいかなくなったというのもあります。自分なんかは何十回どころじゃないぐらいイベントを経験してきて、他のスタッフとのノウハウに圧倒的に差があると感じています。それなのに“自分が全部やればいい”では、イベントの規模が大きくできないんですよね。実際、どのイベントも人手が足りていないと思います。私のイベントじゃなくてもいいので、経験した人があちこちに協力できるようになってくれたらいいなぁと思っています。

―― 最近ではあまり格ゲー実況としての活動はされていないようですが、何か理由があるのでしょうか。

がま: やはり、実況以外にやらないといけないことが多いということですね。どうしてもいなければやりますけど、プレイヤーの狙いや、どれだけ努力しているのか分かるような実況をしたいため、こちらも十分に時間が取れない環境で実況するのは失礼だと思っています。

●格闘ゲームイベントの分野はもともとかなり熟成されていた

―― 2000年代後半以降、格闘ゲームのe-Sports化が急激に進んでいるように感じます。きっかけは何だと思われますか。

がま: 元をたどると、やはりゲームトーナメントとライブ映像の相性の良さが大きいと思います。単に勝ち負けが視覚的に分かりやすいのもありますが、そこでプレイする人の一喜一憂、仲間の声援、見ている人達の歓声もネットを介して伝えられるようになりました。イベントの現場は毎回大きく盛り上がっていたわけですから、格闘ゲームイベントの分野はもともとかなり熟成されていたんですよね。

―― 昨今ではウメハラさんのプロ化をきっかけに「プロゲーマー」として活躍する人が大勢登場しています。これによってゲームの大会の在り方に変化は起きていると感じますか。

がま: やはり注目度は大きく変わっていると思います。「ウメハラ」さんは、ゲームをあまりやらない会社の同僚だって知っているレベルになっていますし、コアなプレイヤーも知名度を上げています。プロゲーマーはゲームの実力はもちろん「ゲームをあまり知らない人にも浸透している」という武器があるので、大会運営側からしても非常に力強い存在です。

 一方でビジネスパートナーとしての在り方に気を使う場面は増えました。いい意味では宣伝もしてくれるし、協力してくれるからうまく関係を作っていく必要がありますね。以前は全く気にしなかったことで慣れていないのもあり、いつもスポンサーさんには迷惑かけてばかりで本当にすいません(笑)。

―― プロゲーマーはe-Sports全体に大きな影響を与える存在である一方、“職業としての安定性に欠けているのでは”と感じることもあります。これについてはどう思われますか。

がま: 他のスポーツでも兼業の人は居るわけですし、これはこれでいいのではと思っています。ただ、日本の環境では「海外の大会に出るので休みます」とは言いづらいですし、かといって日本国内のイベントも多くはないです。

 やっぱり日本のゲームイベントを増やし、プロゲーマーの社会的価値を上げる必要があると思います。取りあえず、EVO(毎年開催される格闘ゲームの世界大会)で日本人が優勝したら、皆で国旗持って空港に迎えに行きましょう!(笑)

―― 最後に、ご自身のこれからの活動についてお聞かせください。

がま: 今はボタンマッシャーズというコミュニティー団体で活動を行っています。格闘ゲームはプロゲーマーという職も生まれて、ゲームがディープになる一方、誰でも気軽にはじめられる環境も大事です。誰もが「入り口が広いコアなゲーム」を楽しめる新しいイベントを目指したいと思っています。ぜひ今後も頑張って活動していきますので、応援よろしくお願いいたします!

最終更新:10/4(火) 20:10

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。