ここから本文です

【W杯アジア最終予選】川島がイレブンに注入「川口の教え」

東スポWeb 10/4(火) 16:46配信

 ハリルホジッチ監督から“メンタルプレーヤー”に指名されたGK川島永嗣(33=メス)が、あのレジェンドの教えをイレブンに注入だ。

 埼玉県内で行われている代表合宿に3日から合流した川島は、疲れた様子も見せずさっそく精力的に練習を消化した。所属クラブでは第3GK扱いでトップチームでの出場機会を得られていないが、最終予選で窮地の指揮官が川島の経験を買ってチームを鼓舞する役割として期待。異例の形で代表に招集されたが「代表で長くやらせてもらっているので自分にできることもある。今大切なのは一人ひとりが自信を持って戦うこと。生き生きと戦えるようにできれば」と川島はチームに貢献しようとヤル気満々だ。

 そこで参考にしているのが、これまで日本代表を支えてきた先輩守護神たちの振る舞い。「(GK川口)能活(41=J3相模原)さんやナラさん(GK楢崎正剛=40、名古屋)といった日本の偉大な先輩たちを見てきている。先人に学んで、自分自身も学びつつやっていきたい」

 特に川口は今回の川島と同じように、2010年南アフリカW杯の岡田ジャパンでチームの精神的支柱として招集されて16強進出に貢献。レギュラーだった川島はその存在の大きさを誰よりも理解しており、今度は自分がチーム再建のために一肌脱ぐ覚悟だ。

最終更新:10/4(火) 22:30

東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合