ここから本文です

<妖怪ウォッチ>山崎賢人&斎藤工の“妖怪ビジュアル”公開 エンマ大王とぬらりひょんに

まんたんウェブ 10/5(水) 5:00配信

 ゲームやアニメが人気の「妖怪ウォッチ」の劇場版最新作「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」(ウシロシンジ監督、12月17日公開)で、山崎賢人さんがエンマ大王役、斎藤工さんがぬらりひょん役を演じることが5日、明らかになった。2人がそれぞれ演じる妖怪に扮(ふん)している実写パートのビジュアルも公開され、山崎さんは力強いまなざしの真っ赤な衣装に逆立った金髪、斎藤さんはとがった耳に銀色の長髪姿でクールな表情をしている。

【写真特集】アニメ版ビジュアルも公開 ぬらりひょんがカッコよすぎる!

 「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」は「妖怪ウォッチ」の劇場版シリーズの第3弾で、ケータや妖怪たちがアニメと実写の世界を行ったり来たりしながら、冒険を繰り広げる。実写パートの主人公・天野ケータを子役の南出凌嘉(みなみで・りょうか)くんが演じる。斎藤さんや山崎さんのほか、武井咲さんや浜辺美波さん、黒島結菜さん、お笑いコンビ「ハライチ」の澤部佑さん、遠藤憲一さんも出演する。

 山崎さんが演じるエンマ大王は、前作で部下のぬらりひょんと人間との交流について対立していたが、現在は信頼関係を築き、妖魔界を治めている若き大王。山崎さんは「妖怪の世界で一番強くて、一番偉いという妖怪なので、男の子が見ても憧れる存在なのかなあと思い、すごく楽しく演じさせていただきました」と感想を語っている。

 妖魔界ナンバー2のぬらりひょんを演じる斎藤さんは「とても光栄」といい、「非常に深い絆がある2人を実写で山崎賢人くんと一緒に演じることができて、とても楽しかったです」とコメントしている。作中では、2人が突然踊り出す場面もあるといい、2人は「やっぱり注目してほしいのはダンスシーン」と見どころを語っている。

最終更新:10/5(水) 5:00

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]