ここから本文です

インバウンド向け貸切バスの臨時営業区域、設定を延長

レスポンス 10/4(火) 13:30配信

国土交通省は、増加する訪日外国人旅行者の貸切バス需要に対応するため、2016年9月末まで実施していた貸切バスの臨時営業区域の設定を、最近の需要動向を踏まえ、設定期間を2017年3月末まで延長する。

[関連写真]

訪日外国人旅行者は、依然として過去最高のペースで増加している。安全を適切に確保しながら、訪日外国人旅行者の観光需要に対応することを目的に、訪日外国人旅行者向け臨時営業区域を設定できる措置を2017年3月末まで延長する。

臨時営業区域として設定できる範囲は、営業所が所在する県を管轄する運輸局の管轄区域(地方ブロック)、運輸局の管轄区域に関わらず、営業所が所在する県に隣接する県。

対象の事業者は、日本バス協会が実施する「貸切バス事業者安全性評価認定制度」の認定を受け、法令遵守の点で問題のない事業者。9月末までこの措置の認可を受けている事業者は申請不要で延長される。

8月末現在、臨時営業区域を設定している貸切バス事業者は420社6894両で、この措置による輸送人員は累計約150万人。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:10/4(火) 13:30

レスポンス

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。