ここから本文です

創価大・田中正義のストイック魂

東スポWeb 10/4(火) 17:06配信

 今秋ドラフトの超目玉、創価大の田中正義投手(4年=創価)が3日、プロ志望届を提出。12球団OKの姿勢で、指名競合は確実と見られる。

 2日に八王子市内の同大で会見した際には進路に関し、国内とメジャーの間で揺れていた胸中を明かした。「(球速は)もっと出ると思う。160キロを出せたらうれしい。でも、そこがゴールにならないように。先発でも抑えでも、一軍で貢献できる投手になりたい」と語った田中だが、意識のあまりの高さにチームメートが“ドン引き”している。

「まず、ラーメンは絶対に食べない。みんなで行こうよというときも、正義だけは絶対に来ません。嫌いなわけじゃないと思うけど『体に必要なものだけを取る。不必要なものは一切口にしない』という考え方。チームの誰も知らないようなサプリメントを『これがいいんだよ』とよく取ってます」(ある選手)

 今春のリーグ戦では右肩違和感など故障に泣いただけに食生活に過敏になるのはけっこうだが、主将として、ときにはナインにも厳しい言葉もかける。春季リーグ最終戦、流通経済大に10―1で大勝した際には「最終戦でしたし、みんなで喜んでいたんですが、正義には『こんなところで浮かれるな!』とたしなめられた。あいつの場合、リーグ優勝なんかじゃ喜ばないでしょう。日本一しか見てないし、それはプロに行っても変わらないと思う」と前述のナインは語る。

 運命のドラフトは20日。メジャーのスカウトも注目している最速156キロ右腕は大リーグ挑戦の夢はいったんは封印し、まずは日本一を目指す。

最終更新:10/4(火) 22:13

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。