ここから本文です

「刀剣乱舞-花丸-」が読切でSQ.に、次号るろ剣と同時代描く和月伸宏読切

コミックナタリー 10/4(火) 13:23配信

テレビアニメ「刀剣乱舞-花丸-」をコミカライズした読み切りが、本日10月4日に発売されたジャンプスクエア11月号(集英社)に掲載されている。執筆するのは「PSYCHO-PASS サイコパス 2」のコミカライズを手がけている橋野サル。

【この記事の関連画像をもっと見る】

先日放送がスタートしたばかりの「刀剣乱舞-花丸-」。コミカライズ版では加州清光の視点から、刀剣男士たちの戦いの一幕や日常が描かれた。なお続きとなるエピソードが少年ジャンプ+にて12月に配信される。

11月4日発売のジャンプスクエア12月号は創刊9周年記念号。和月伸宏が「るろうに剣心 ―明治剣客浪漫譚―」と同時代を描く読み切り「―るろうに剣心・異聞―明日郎 前科アリ」の前編が掲載される。

※記事初出時、表記に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

最終更新:10/4(火) 15:36

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]