ここから本文です

本田賞、磯貝明博士と矢野浩之博士に決定…持続型資源CNFの製造法考案など

レスポンス 10/4(火) 15:00配信

本田財団は9月29日、2016年の本田賞として、セルロース・ナノファイバー(CNF)の高効率な製造法の考案などに貢献した、東京大学 大学院農学生命科学研究科 教授 磯貝明博士と、京都大学 生存圏研究所生存圏開発創成研究系 教授 矢野浩之博士に授与すると発表した。

[関連写真]

本田賞は1980年に創設された科学技術分野における日本初の国際賞。人間環境と自然環境を調和させるエコテクノロジーを実現させた功績に対し、毎年1件の表彰を行っている。磯貝明博士と矢野浩之博士は本田賞37回目の受賞者となる。

CNFは、植物細胞壁の基本骨格物質であるセルロースミクロフィブリル束の総称で、鋼鉄の1/5の軽さで、その5倍以上の強度と、ガラスの1/50の線熱膨張係数を有するナノ繊維。樹木など、植物資源の50%以上を占める自然界に豊富に存在する環境負荷の少ない植物由来の持続型資源で、低炭素社会の早期実現に向けて、石油系プラスチックの代替、構造材の補強用繊維や改質剤としての利用が注目されている。

磯貝博士は、CNF生産における化学的なアプローチとして「TEMPO触媒酸化法」を開発し、それまでエネルギーを大量に使用する機械的解繊処理によっていたCNF生産の効率とCNF構造の均質性を大幅に改善。この発明は、その後のCNF生産および産業への応用に関する集中的な研究の道を開く礎となっている。

また、矢野博士はCNFで強化された複合材の生産において、パルプ繊維のナノ化と樹脂への均一分散を同時に達成する「パルプ直接混練法(京都プロセス)」を開発。CNFを作ってから樹脂などの複合材と混ぜていたこれまでのプロセスを、1プロセスで射出成型にそのまま使える形にしたことで、大幅な時間とコストの削減を実現した。

第37回本田賞授与式は、11月17日に東京・帝国ホテルで開催され、副賞として1000万円がクレメンス博士に贈呈される。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:10/4(火) 15:00

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。