ここから本文です

「べっぴんさん」初回視聴率は21・6% 8作連続初回20%超え

デイリースポーツ 10/4(火) 10:42配信

 3日にスタートしたNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」(月~土曜、前8・00)の初回視聴率が関東地区で21・6%(関西地区で20・5%)だったことがわかった。

 期間平均世帯視聴率が22・8%(関西地区は20・4%)で今世紀3位だった前作の「とと姉ちゃん」の初回視聴率の同22・6%(同20・3%)には及ばなかった。だが今世紀最高期間平均視聴率23・5%をたたき出した前々作の「あさが来た」の初回視聴率の同21・2%(同19・7%)は超えた。初回視聴率が20%を超えたのは13年前期の「あまちゃん」以来、8作連続となる。

 「べっぴんさん」は戦前・戦中・戦後の神戸と大阪を舞台に、子供服作りにまい進するヒロインすみれ(芳根京子)とその仲間の物語。制作統括の三鬼一希チーフプロデューサーは「困難な状況でも『勇気、愛情、信頼、希望』の言葉を胸に、前に前にすすんでいくすみれと仲間たち、それを支える家族は日本の朝に優しさと元気を届けてくれると思い舞う。視聴者の皆様に『べっぴん』=『特別な作品』と思っていただけるよう、制作に取り組んでいます」とコメントした。

 (数字はビデオリサーチ日報調べ)

最終更新:10/4(火) 11:55

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]