ここから本文です

【スターダム】30日V1戦「大江戸隊」木村花が挑戦者組の猛口撃に「頑張ってくださ~い」

東スポWeb 10/4(火) 17:27配信

 6人タッグ王座のアーティスト・オブ・スターダム王者を保持する極悪軍団「大江戸隊」が4日、挑戦者組をコキ下ろした。

 2日の新木場大会で同王座を奪取した木村響子(39)、花月(24)、木村花(19)の極悪トリオは、30日の後楽園大会で初防衛戦が決定。渡辺桃(16)、ジャングル叫女(25)、美邑弘海(30)組を迎え撃つことになった。

 この日、都内で行われた調印式には花月と響子の愛娘・花が出席。全身黒ずくめの2人はふてぶてしい態度で、挑戦者組に「木村花は親の七光」「木村花は気に食わない」「まるで泥棒のようにこのベルトを取っていった」と口撃されても、ひるむ様子はなかった。

 しかも花は、まるで哀れむような表情で叫女と美邑を見つめ「あなたちがどんなにわめこうと、私には関係ないですね~。私に挑戦して泣くことになればいい。頑張ってくださ~い」と言い放った。

 一方、花月も「お前らだったら、花さま一人で十分。ウチらは今日、リムジンで来たからよ。(ビルの)下に待たせてるからじゃーな」とうそぶくと、2人は徒歩でJR浜松町駅方面に消えていった。

最終更新:10/4(火) 21:56

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]