ここから本文です

閉店予定だった岩手のミスドが地元住民の“強い声”で営業継続へ 現在の店の様子と今後の営業のことを聞いた

ねとらぼ 10/4(火) 13:47配信

 10月10日に閉店予定だった岩手県のミスタードーナツ盛岡大通店が、9月29日に営業継続を決定しました。「常連客や元従業員らからの継続を求める声が『予想以上に』多かったため」経営陣が方針転換したと、岩手日報が伝えています。

【営業継続が決まったミスド盛岡大通店】

 繁華街の中心にあり、待ち合わせ場所としてもよく利用されているという同店の“閉店撤回”に、地元では喜びの声が多数あがっています。営業継続が決まってから数日たった今、店の様子はどうなっているのか、今後も営業は続けられそうなのか。話を聞いてみました。

●一時は客足が増えたが……

―― 営業継続が決まって、今のお気持ちはいかがですか。

ミスタードーナツ盛岡大通店幹部(以下ミスド): うれしいです。

―― ここまで地元の住民に愛されている理由はなんだと思いますか。

ミスド: 繁華街の中心にあり待ち合わせによく利用されていることと、43年営業している歴史の長さではないかと思います。

―― 営業継続が決定後、お客さんの反応はどうでしたか。

ミスド: 一時は客足が増えましたが、現在は以前と同程度に戻っています。

●先行きはまだまだ厳しい

―― 経営が厳しかったようですが、営業を継続できることになった理由はなんですか。

ミスド: 多くの地元住民のみなさんからの支援がありました。

―― 客足が遠のいたことで閉店を考えたそうですが、今後も営業は続けられそうですか。

ミスド: 先行きはまだまだ不透明で、厳しいというのが現状です。本店はフランチャイズなので、本部であるダスキンからの支援やアイデアも求めていきます。最近はコンビニなどでもドーナツを販売しておりライバルも多いため、打ち勝っていかなければなりません。今後も続けられるよう、努力してまいります。

 一度閉店を決定しただけあり、経営はまだまだ厳しいというのが現実のようです。盛岡に訪れた際には、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

最終更新:10/4(火) 13:47

ねとらぼ