ここから本文です

東武鉄道と台湾鉄路の“遠距離愛” 第3章…浅草駅で式典

レスポンス 10/4(火) 17:48配信

10月3日、東武鉄道浅草駅。同社幹部などが待つ特急ホームに、11時15分、日光詣スペーシアが入ってきた。いつも走ってる“金色スペーシア”で、何の変化もなさそうだ。ホームの式典幕を見ると「東武鉄道×台湾鉄路 連携施策 第3弾」と記されている。

[写真14点]

式典タイトルは、「台湾鉄路 自強号『日光詣スペーシア』デザイン車両運行開始記念 出発式」。その名のとおり、金色スペーシアのカラーリングを施した台鉄特急「自強号」用車両と、金色スペーシアが同時出発するというイベントで、昨年末に友好鉄道協定を結んだ東武と台湾鉄路の連携イベントの第3弾。第1弾は記念乗車券・相互乗車券、第2弾は東武特急に台鉄「プユマ」のカラーを施した。今回は、その“逆版”。

「東武側の日光詣スペーシアには、デザインが更新されたマークが貼られている」とスタッフ。ドア横の円形ステッカーには、金色スペーシアと同じデザインの自強号用E1000形電車が描かれている。

「側灯滅! ドアよし」。11時30分、出発信号が青に変わり、ステッカーだけが変わった金色スペーシアが、浅草駅・大阿久信二駅長の合図とともにするすると特急ホームを離れていった。

「国境をこえ、同じ塗装の車両と同時出発する瞬間に立ち会えてうれしい。これをきっかけに、また多くの台湾の人が訪れ、当沿線の人たちも、もっと台湾を訪れてほしい」(東武鉄道営業部スカイツリーライン高橋健一営業支店長)

《レスポンス 大野雅人》

最終更新:10/4(火) 17:48

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。