ここから本文です

舞台「ギャグマンガ日和」が2月に再び!芭蕉&曽良が主役の完全新作

コミックナタリー 10/4(火) 15:00配信

増田こうすけ原作による「舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 ~奥の細道、地獄のランウェイ編~」が、2017年2月15日から21日まで東京・ラフォーレミュージアム原宿にて上演される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは4月に公演が行われた「舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 デラックス風味」の新作。主役の松尾芭蕉役は演劇集団キャラメルボックスに所属する阿部丈二が、河合曽良役は「ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン」にて真田弦一郎を演じた小笠原健が、それぞれゲスト出演した前作に引き続き務める。ストーリーは完全新作のオリジナルとのこと。今後も原作の人気エピソードから選りすぐられたキャラクターと、それを演じる出演者たちが続々と発表されていく。

なお舞台のタイトルロゴも、会場のある原宿仕様にリニューアル。チケットは11月上旬に先行販売が行われ、12月中旬より一般発売がスタートする。

原作マンガ「ギャグマンガ日和」は増田が生み出したバラエティ豊かなキャラクターや、歴史上の偉人、おとぎ話の登場人物らのシュールなやりとりを1話完結形式で描いたオムニバス。ジャンプスクエア(集英社)にて連載されており、15周年を機に「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和GB」と改題された。

舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 ~奥の細道、地獄のランウェイ編~
日程:2017年2月15日(水)~21日(火)(全9公演)
会場:ラフォーレミュージアム原宿
料金:プレミアム席(前方席&非売品グッズ付き)8500円、一般6800円

原作:「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和」増田こうすけ(集英社「ジャンプ SQ.」連載中)
脚本・演出:なるせゆうせい

キャスト
松尾芭蕉:阿部丈二
河合曽良:小笠原健

(c)増田こうすけ/集英社 (c)「舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 ~奥の細道、地獄のランウェイ編~」製作委員会

最終更新:10/4(火) 15:00

コミックナタリー