ここから本文です

泉ピン子 「ドクターX」出演にぼやき 医療用語ばかりで出るもんじゃない

デイリースポーツ 10/4(火) 14:29配信

 女優・泉ピン子(69)が女優の米倉涼子(41)主演のテレビ朝日系連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(13日スタート。木曜、後9・00)の製作発表に出席。大ファンだったシリーズに第4弾で初出演を飾ったものの、「医療用語ばかり。見るもんで出るもんじゃないなと思いました」と“ピン子節”をさく裂させた。

 泉はこれまで、ドクターXと同じ木曜午後9時枠で放送されたTBS系人気ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」に中華料理店「幸楽」の女将役として出演をしてきた。今回はシリーズ史上“最も危険で最強の敵”という副院長役として出演することになり、「大ファンでして、全部見ております。自分が出ているのが夢のよう。願っていれば通ずる」と初参戦を喜びながら、「他局から木曜9時に引っ越して参りました。(渡る世間でのセリフは)『ラーメン3つ』とかでしたが、(ドクターXは)医療用語ばかり。見るもんで、出るもんじゃないなと思いました」とぼやいてみせた。

 40年来の付き合いになるという俳優・西田敏行(68)との共演も楽しみにしていた。西田は頸椎(けいつい)亜脱臼などで2月から4カ月半に及ぶ入院生活を送った。泉は「家族ぐるみで付き合ってますからすから。病気のときは心配しましたし、元気になられてうれしい。ケガする前に、『この年まで現役やって、もうちょっとやろうか。最後に共演したいね』」と会話をしたそうで、「これ(ドクターXが最後)になるのかな。頑張りたい」と意気込んだ。

 一方の西田は「赤坂(TBS)の方から鬼の副院長がくる」と戦々恐々。「ピンちゃんとは40年近い付き合い」といい、「夫婦、恋人といろいろやりました。あの頃はまだきれいでした。その間のボーイフレンドとかも知っています。だから、とってもやりづらいです」と笑わせていた。

最終更新:10/4(火) 14:35

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革