ここから本文です

スバル「WRX S4」にSTI特別仕様車 高い走行性能に安全装備を充実

ITmedia ビジネスオンライン 10/4(火) 15:44配信

 富士重工業のモータースポーツ統括会社・スバルテクニカインターナショナル(STI)は10月4日、スポーツセダン「WRX S4」をベースにした特別仕様車「WRX S4 tS」を発売した。来年3月12日までの期間限定(台数限定なし)。価格は496万8000円(税込)。

【より充実の「NBR CHALLENGE PACKAGE」も発売】

 400台限定で昨年発売し、完売したSTIコンプリートカー「S207」を受け継ぎつつ、安全機能「アイサイト(ver.3)」「アドバンスドセイフティパッケージ」を搭載し、走行性能と安全性を融合したという。

 2リットル水平対向4気筒エンジンを搭載し、221キロワット(300PS)/400N・m(40.8kgf・m)を発生する。通気抵抗を低減した吸排気系の採用で加速中の過渡エンジントルクを最大約10%向上し、S207に採用した可変減衰力サスペンション「DampMatic II」や、フロントにbrembo製対向4ポットブレーキを採用するなど、性能を高めた。

 WRX STIが参戦するニュルブルクリンク24時間レースで2015年、16年とスバルがクラス優勝したことを記念した「NBR CHALLENGE PACKAGE」も発売する。価格は529万2200円(税込)。

最終更新:10/4(火) 15:44

ITmedia ビジネスオンライン