ここから本文です

日本初、東洋太平洋4大タイトルマッチ実施へ

デイリースポーツ 10/4(火) 14:57配信

 真正、井岡両ジムが4日、日本初の「東洋太平洋4大タイトルマッチ」を11月11日、神戸市立中央体育館で行うことを発表した。真正・山下正人会長は「いつもは世界戦のアンダーカードなどが多く目立たないけど、素晴らしい王者がいることを知ってもらいたい」と意図を説明した。

 メーンは同スーパーバンタム級王者・久保隼(26)=真正=が同7位・イム・ジヌク(韓国)を迎え、2度目の防衛戦。戦績は久保が10勝(7KO)無敗、イムが8勝(2KO)4敗5分け。

 セミファイナルは同ライト級王者・中谷正義(27)=井岡=が同11位・アラン・タニャダ(フィリピン)を相手に6度目の防衛戦。中谷は12勝(7KO)無敗、タニャダは14勝(6KO)5敗3分け。

 同バンタム級は王者・山本隆寛(25)=井岡=が同3位のマーク・ジョン・ヤップ(27)=フィリピン、六島=と3度目の防衛戦。山本が18勝(15KO)4敗、ヤップが24勝(10KO)12敗。

 同ミニマム級王座決定戦は同2位・山中竜也(21)=真正=が元WBO世界同級王者で同1位のメルリト・サビーリョ(32)=フィリピン=を相手に初のタイトル戦に臨む。山中は12勝(3KO)2敗、サビーリョが25勝(12KO)3敗1分け。

 久保は「プロ11戦目で11月11日と重なった。いい1日で終わるように」とNo.1宣言。中谷は「世界にはずみを付けるために絶対勝つ」と闘志を高めた。

 屈指の好カードとなった山本は「この試合は世界への通過点。KOで勝つだけ。実力を証明するのはいい相手」と気合。フィリピンからの“輸入ボクサー”ヤップはビッグチャンス。昨年末に同僚のストロング小林が4度倒され、完敗した山本に対し、「5度倒して勝つ」と敵討ちを誓った。

 山中も強敵に挑む。「長谷川(穂積)さん、多田(悦子)さん、久保(隼)さんに続きチャンピオンになる」とジム4人目の王者へ意気込んだ。

最終更新:10/4(火) 15:06

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。