ここから本文です

履正社・寺島も好投で初の決勝へ 広島新庄・堀の好投に刺激

デイリースポーツ 10/4(火) 14:57配信

 「岩手国体・準決勝 履正社6-3鳴門」(4日・岩手県営野球場)

 履正社がドラフト1位候補・寺島成輝投手(3年)の好リリーフで鳴門を下し、初の決勝進出を果たした。

 六回からマウンドに上がり4回を1安打無失点。毎回の7三振を奪った左腕は「きょうはしっかり体も動いていた」と納得の表情を浮かべた。初戦の盛岡大付戦では、調整不足も重なり4回4失点と本来の力を発揮できなかったが「ここ3日間はずっとピッチングもしているので」と明かす。

 直前の第1試合ではU-18日本代表でチームメートだった広島新庄・堀が14奪三振の好投を見せた。その試合を見ながら「負けたくないとかそういうのはないけど、よし、自分もという思いはあった」と明かす。履正社にとっては初の全国タイトルに王手をかけた。決勝は最大2イニングをメドにリリーフ待機する予定で「優勝したい」とエースは力を込めた。

最終更新:10/4(火) 21:34

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]