ここから本文です

「君の名は。」観客動員1000万人、興行収入130億円突破 10月14日の新聞広告に新ビジュアルが掲載

ねとらぼ 10/4(火) 15:46配信

 8月26日に上映開始した新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」が、公開から39日間で観客動員1000万人、興行収入130億円を突破しました。興行通信社による週末映画ランキングでは驚異の6週連続1位を達成。相変わらずの快進撃を見せています。

【新ビジュアルも瀧と三葉になる?(画像は発表済のもの)】

 公開後から“新海ワールド”に魅了されたリピーターが続出し、社会現象ともいえるブームを見せている「君の名は。」。9月23日には、ジブリ以外のアニメ映画では初となる興行収入100億円を突破しました。今回の130億円突破で、「風立ちぬ」の120億2000万円の記録を超え、アニメ映画歴代6位にランクインしています。なお、5位は同じく宮崎駿監督「崖の上のポニョ」の155億円。

 映画の大ヒットを受け、10月14日には各新聞で新ビジュアルを使用した記念広告の掲載が決定。対象紙は、東京:朝日新聞、大阪:朝日新聞・読売新聞、愛知:中日新聞、福岡:西日本新聞、北海道:北海道新聞となっています。

(C) 2016「君の名は。」製作委員会

最終更新:10/4(火) 15:46

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]