ここから本文です

「ポメラはポメラらしく進化してきた」——新モデル「DM200」Wi-Fi対応、新ATOK搭載で語彙は3倍に

ITmedia ニュース 10/4(火) 15:51配信

 キングジムは10月4日、デジタルメモ「ポメラ」の新製品として、ジャストシステムの日本語入力システム「ATOK」やWi-FI機能を搭載した「DM200」を発表した。10月21日に発売する。価格は4万9800円(税別)。

【サイズ感が分かる画像】

 シリーズ初のWi-Fi機能を搭載。クラウドノートサービス「Evernote」や無線LAN対応プリンターなどにポメラから直接テキストファイルをアップロードできるほか、iPhone、iPad、Macに標準搭載されているメモアプリと同期できる「ポメラSync」を備えた。本機能を使用するときのみWi-Fiをオンにするため、バッテリーの消耗は最小限に抑えたという。

 なお、従来機種の「DM100」は、Wi-Fi機能内蔵SDHCメモリカード「FlashAir」を差し込むことで、Evernoteへのアップロードのみ対応していた。

 日本語入力システムには、従来機種同様にジャストシステムの「ATOK」を採用。本モデルは、よりポメラに最適化した「ATOK for pomera[Professional]」を搭載。文脈に応じた適切な変換や入力支援が可能で、語彙数は従来機種の3倍に向上した。なお、インターネット経由の辞書アップデートやATOK Syncには非対応で、推測変換や校正支援にも対応しない。

 本体カラーはブラックのみ。サイズは263(幅)×120(奥行き)×18(高さ)ミリ、重さは約580グラム。DM100と比べて面積が約40%拡大した7インチのTFTワイド液晶を搭載。フォントはこれまでのビットマップフォントに対し、アウトラインフォントのモリサワ「UD 新ゴR」と「UD黎ミン R」を採用することで文字の視認性が向上した。JIS配列キーボードのキータッチにもこだわり、キーピッチ17ミリ、キーストローク1.2ミリを確保した。

 電源はシリーズ初のリチウムイオンポリマー電池を採用。連続駆動時間は約18時間(充電は5時間)となる。従来機種は乾電池による駆動が人気だったが、今回のモデルはWi-Fi機能やATOKを搭載したため、乾電池では十分な駆動時間を確保できなかったという。バッテリーは修理対応で交換可能だが、費用は現段階で未定。

 従来機種のBluetoothキーボード機能や、QRコード作成機能(最大約5万字)も引き続き搭載する。同社商品開発部の東山慎司さんは、「スマートデバイスが登場しても、気が散らない“文章を書くためのデバイス”需要は無くならず、ポメラはポメラらしく進化してきた。最強のテキスト入力マシンだと自負している」と自信を見せる。

 DM200専用ケース「DMC5」(4300円・税別)や専用保護フィルム「DMP7」(1800円・税別)も同時発売する。従来機種のDM100も併売するが、在庫がなくなり次第販売終了となる。

最終更新:10/4(火) 15:51

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。