ここから本文です

<サッカー>コ・グァンミン、初代表入りした心境を告白「仲間のおかげ」

WoW!Korea 10/4(火) 17:14配信

FCソウルのコ・グァンミンが人生初の国家代表チーム抜てきについて、心境を伝えた。

 コ・グァンミンは2011年FCソウルでプロデビュー後、少しずつ自身の力量を伸ばしてきた。去る9月29日、ついに夢に描いていた知らせを受けた。単純な親善試合ではなく、ロシアW杯最終予選の代表チームのメンバーに選抜されたのだ。

 FCソウルは2016シーズン参加中の全大会で10月現在までトップを争っているほど華やかなシーズンを送っている。その中心として、ほぼすべての試合に先発出場やフルタイム出場に近い活躍をしているコ・グァンミンがいる。自身の能力と所属チームでの貢献度を認められたコ・グァンミンに代表チーム抜てきの感想を聞いた。

 コ・グァンミンはまず、代表チーム選抜について「考えもしなかったが、チャンスが与えられ光栄に思っている。代表チームに少しでも役立てるよう最善を尽くす」と伝えた。続けて、コ・グァンミンは「代表チームは自分と遠い話だと思っていたが、サッカー選手ならば誰もが代表チームへの夢を持っている。常にベストを尽くしていたので、遅いがゆっくり巡ってきたのだと思う」と謙遜した。

 代表初抜てきであるだけに、多くの祝福があふれた。「母のお祝いが最も記憶に残っている。記事を見てとても喜び、電話があった」と話したコ・グァンミン「チームメートも自分のことのように祝ってくれた。サッカーは一人でする種目ではないだけに、彼らのおかげで僕が栄光を手にしたと思う」と逆に感謝の気持ちを伝えた。

 最後に、FCソウルのファンに「代表チームで最善を尽くしてきた後、再びリーグとACLの試合でチームメートと共に良い結果を作ることができるように努力する。ファンの皆さんと一緒に最後に笑えるようにしたい」と伝えた。

最終更新:10/4(火) 17:14

WoW!Korea