ここから本文です

広島新庄・堀が驚異の好リリーフ 1日トータル18K

デイリースポーツ 10/4(火) 16:17配信

 「岩手国体・準決勝 広島新庄3-2聖光学院」(4日・岩手県営野球場)

 広島新庄がエース・堀瑞希投手(3年)の好リリーフで決勝進出を果たした。午前中に行われた2回戦では東邦相手に毎回の14Kを奪って1失点完投。さらにダブルヘッダーで行われた準決勝でも2回2/3を4K無失点で、チームを初の決勝へと導いた。

 堀がマウンドに向かうとスタンドから驚きの声が挙がった。午前中の東邦戦で1失点完投。そして午後の準決勝では、1点差に迫られた七回1死三塁からマウンドに上がった。

 先頭の佐藤晃をキレのあるスライダーで空振り三振に仕留めると、続く代打・佐藤駿もスライダーで空振り三振。鮮やかにピンチを脱すると、八回には直球の最速が147キロを計測した。イニング間にはブルペンに向かい、調整した堀。直球の球威と変化球のキレは最後まで衰えず、1点リードを守りきった。

 迫田守昭監督は「あまりムリはさせたくなかったけど、本人が自分からキャッチボールしているし、聞いても『全然、平気です』と言うもんですから。本人が好んでやるんなら放っておこうと」と説明。5日の決勝については「無茶はさせたくないし、させない。本人の状態を見てからですね」と語った。

 堀本人は「めっちゃつかれました。打つのより投げるのが好き。ダブルヘッダーの登板は初めてです」と苦笑い。決勝については「きょう帰ってすぐ寝ようと思います。最後なんで自分が投げて終わりたいというのはある。頭から完投して」と登板に意欲を見せていた。

最終更新:10/4(火) 16:57

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。