ここから本文です

NMB安田桃寧が吉本芸人との対談に挑戦「“ドリル”やりますよ」

東スポWeb 10/4(火) 22:28配信

 アイドルグループ「NMB48」のドラフト2期生5人と、5期生メンバー7人の計12人による研究生公演が4日、大阪市のNMB48劇場で行われ、グループのデビューシングル「絶滅黒髪少女」や、最新シングル「僕はいない」など15曲を熱唱した。

 公演終了後、ドラフト2期生の安田桃寧(15)は「研究生公演で完全燃焼するという目標を立てていて、前日のゲネプロではできなかったんですが、本番で達成できたと思います。終わった後、拍手がやまなくてうれしかった」と笑顔を見せた。

 そんな安田の実力には、先輩メンバーも太鼓判を押した。公演を見学した上西恵(21)は、チームBII公演の出演経験がある安田について「妹(上西怜)が出ていたので、目がいってしまうのはあったけど、気になったのは桃寧ちゃん。パフォーマンスが大好き。チームBIIに交じっても目がいくくらい。最後のまとめもキャプテンのような感じでしっかりやってたし、大変やと思うけど、これからもどんどんとやっていってほしい」と後輩を褒め、今後の成長を期待した。

 また、この日は本紙・大阪発行の「大阪スポーツ」で、安田の連載開始が発表された。連載では吉本芸人との対談に挑戦する。

 将来の夢はモデルで、憧れのメンバーに白間美瑠(18)の名前を挙げる安田は「芸人さんではノンスタイルさんが好きです。吉本新喜劇も録画して見てます。新喜劇ではすっちーさんが好きです。“ドリル”面白いですよね」とドンと来いの構えだ。

 今後、すっちーの鉄板ネタの“ドリル”をむちゃぶりされることもありうるが「全然やりますよ」とちゃめっけたっぷりに宣言し、大阪出身らしいノリのよさを見せた。

最終更新:10/4(火) 22:45

東スポWeb