ここから本文です

人と対話する手のひらサイズの小型ロボット「KIROBO mini」 トヨタから登場

ねとらぼ 10/4(火) 18:10配信

 トヨタ自動車が、手のひらサイズの小型コミュニケーションロボット「KIROBO mini」を2017年より全国のトヨタ車両販売店を通じて販売します。本体予定価格は3万9800円(税別)。また、全国販売に先立ち今冬には東京都・愛知県の一部販売店で「KIROBO mini」の先行販売と、Webによる事前予約の受付も予定しています。

【カップホルダーにも収まります】

 「KIROBO mini」は、座った姿勢で高さ10センチと手のひらに収まるミニサイズで、話しかけた人の方向に顔を向け、顔や手などを動かしながら一緒に会話を楽しめるコミュニケーションロボット。「人に寄り添い、心を通わせる存在」として開発され、人の好きなことや嫌いなこと、一緒に行った場所などを覚え、話していくうちにその人に合わせた会話をするようになるそうです。

 専用アプリをインストールしたスマートフォンとBluetoothでつなぎ、「KIROBO mini」本体が搭載したカメラで人の表情を認識させ、人の気持ちに寄り添った動作や会話を実現。また、クルマや家から取得する情報を踏まえた会話も可能で、「今日はいっぱい走ったね、お疲れさま」「おかえり。ぽかぽかお風呂が待ってるよ」といった気持ちのこもった会話が可能になっています。

 クルマを「かけがえのないパートナー」と位置付けてもらえるよう、期待を超えるクルマづくりを目指し取り組んできたトヨタ自動車。「KIROBO mini」は、クルマづくりの根底にあり続ける「人に寄り添い、心を動かす」という理念を、クルマとは違う形で表した新たなモノづくりのチャレンジなのだとか。

 この「KIROBO mini」は幕張メッセで開催されるIT・エレクトロニクスの総合展「CEATEC JAPAN 2016」の会場で、7日まで体験できます。

最終更新:10/4(火) 18:10

ねとらぼ