ここから本文です

キャサリン妃、カナダ訪問の衣装代は過去最高に

Movie Walker 10/4(火) 18:19配信

カナダで「女優風ファッションに変身した」と言われるほど華麗な装いを見せたキャサリン妃だが、英紙デイリー・メールによれば、今回のカナダ公式訪問でのキャサリン妃のワードローブはこれまでで最高額に達したという。

【写真を見る】アレキサンダー・マックイーンのミニ丈ワンピを着こなすキャサリン妃!

キャサリン妃といえば、ザラやHobbsなど、庶民的なチェーン店の服を着ることで有名だったが、今回はジェニー・パッカムやドルチェ&ガッバーナなど有名デザイナーの服に身を包み、高価なジュエリーをつけていた。同紙サイトによれば、カナダ公式訪問でのキャサリン妃のワードローブ総額は6万1852ポンド(約807万円)だったという。

例えば、一家で空港に到着した時の青いジェニー・パッカムのドレスは1500ポンド(約20万円)で、イヤリングが1万1200ポンド(約146万円)。白地に赤の刺繍が入ったアレキサンダー・マックイーンのミニワンピ―スは4000ポンド(約52万円)で、前面に金のボタンが並んだドルチェ&ガッバーナのグリーンのワンピースは2000ポンド(約26万円)だった。

また、ジョージ王子とシャーロット王女が主役になったキッズ・パーティに出席した時に着ていたのは、SEE BY CHLOEの白いワンピースで320ポンド(約4万2000円)だったが、キキ・マクドノーのイヤリングが2200ポンド(約28万8000円)だった。

意外にも高額だったのが10月1日にビクトリアのコミュニティ・センター、The Cridge Centre for the Familyを訪れた時の装い。H&Mの白いシャツに、ザラの白いジャケットという庶民的な服を着ていたが、アスプレイのチャームつきネックレスが2万6200ポンド(約344万円)だった。

これらのキャサリン妃のファッションについて「将来のクイーンなんだから、安っぽい服を着るよりいいと思う」「彼女はリサイクルするからいいんじゃない?」「すべてデザイナーが無料でプレゼントしているはず」などの読者コメントが同紙サイトには寄せられている。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:10/4(火) 18:19

Movie Walker