ここから本文です

マンガ家多数ゲスト出演の「龍帝」公開、ギャバン&シャリバン俳優も登場

映画ナタリー 10/4(火) 17:34配信

市原剛と今野直樹のマンガ「龍帝-DRAGON EMPEROR-」を原作とした実写映画が公開される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

市原自らメガホンを取る本作は、東京・歌舞伎町を舞台に、裏社会の秩序を乱す輩を次々に葬り去っていくフィクサー“龍帝”の姿を描くバイオレンスアクション。石原唯斗が3代目龍帝に扮し、市原のほか藤沢とおる、巻来功士、にわのまこと、高岩ヨシヒロ、渡辺保裕、御茶漬海苔、平松伸二、山田ゴロら多数のマンガ家がゲスト出演している。また、「宇宙刑事シャリバン」の渡洋史が初代龍帝役、「宇宙刑事ギャバン」の大葉健二が2代目龍帝役を務めた。

「龍帝-DRAGON EMPEROR-」は、10月15日から21日にかけて東京・下北沢トリウッドでレイトショー上映。上映後には、出演したマンガ家や俳優を中心に、日替わりでゲストが登壇するトークショーも行われる。

最終更新:10/4(火) 17:34

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]