ここから本文です

約45万円の最上位モデルも登場!! 第7世代Coreを採用した「Let'snote」2016年秋冬モデル

ITmedia PC USER 10/4(火) 16:31配信

 パナソニックは10月4日、モバイルノートPC「Let'snote」シリーズの最新モデル「Let'snote SZ6」「Let'snote RZ6」「Let'snote LX6」を発表、10月14日より順次販売を開始する。価格はいずれもオープン。

【その他の画像】

 新モデルに共通する強化点は、従来のボディーを引き継ぎつつ、「Kaby Lake」こと第7世代Coreプロセッサーを採用した点。第7世代Coreでは消費電力を維持しながら動作クロックが引き上げられ、Intel Turbo Boost Technology 2.0による最大クロックもアップしている。

 また、最新のSZ6およびRZ6は、SIMロックフリーになった受信最大300Mbps/送信最大50MbpsのLTEモデルを用意しているのもポイントだ。

 12.1型(1920×1200ピクセル)液晶を搭載するSZ6の主なスペックは、CPUにCore i7-7500UまたはCore i5-7200Uを採用し、メモリーが8GB、ストレージは128GB SSD/256GB SSD/1TB HDD、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブのほか、店頭向けにドライブレス構成も用意される。OSは64bit版Windows 10 Pro。

 インタフェースは従来同様で、USB 3.0×3(うち1基は電源オフチャージ対応)、HDMI出力、SDメモリーカードスロット、ギガビットLAN、アナログRGB出力など。IEEE802.11acとBluetooth 4.1も内蔵する。バッテリー駆動時間はモデルによって異なり、約12時間(Sバッテリーパック)~約22時間(Lバッテリーパック)。価格は税別20万9800円から。また、パナソニックストア限定オプションとして、新色天板の「スモーキーピンク」が加わっている。

 このほか、20周年記念として、16GBメモリや2TB SSD(1TB×2)、LTE対応、ゴールドカラーの最上位モデルを11月11日に200台限定で販売する。本体底面にレーザー刻印のシリアルナンバー入りプレートをはめた特別仕様で、さらに50台限定オプションとして七宝柄の特別カラー天板「七宝&ゴールド」も選択可能だ。価格は44万9280円(税込み)。

 10.1型(1920×1200ピクセル)コンバーチブル液晶を搭載するCF-RZ6は、CPUにCore i5-7Y54またはCore m3-7Y30を搭載し、8GBメモリと128GB SSDまたは256GB SSDを搭載。重量約745~775gの軽量ボディは健在で、360度回転するマルチタッチディスプレイにより、タブレットモードとしても利用できる点も従来通り。

 インタフェースは、USB 3.0×3(1基は電源オフチャージ対応)、SDメモリーカードスロット、HDMI出力、ギガビットLAN、アナログRGB出力など。IEEE802.11acとBluetooth 4.1を標準装備する。また、SZ6同様、SIMロックフリーのLTE対応モデルも用意される。バッテリー駆動時間は約11.5時間。OSは64bit版Windows 10 Pro。価格は17万9800円から(税別)。

 14型液晶(1920×1080ピクセル)を搭載するCF-LX6シリーズは、Core i5-7200U、8GBメモリ、256GB SSDまたは750GB HDD、Blu-ray DiscドライブまたはDVDスーパーマルチドライブを搭載。バッテリー駆動時間は、SSDを搭載する上位モデルが約20時間(付属バッテリーパックL)、HDDを搭載する下位モデルが約8時間(付属バッテリーパックS)。インタフェースは、USB 3.0×3(1基は電源オフチャージ対応)、SDメモリーカードスロット、HDMI出力、ギガビットLAN、アナログRGB出力など。IEEE802.11acとBluetooth 4.1も装備する。価格は17万9800円から(税別)。

最終更新:10/4(火) 16:31

ITmedia PC USER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。