ここから本文です

最終アーティストには100万円&デビューサポート!Lastrum主催オーディション

音楽ナタリー 10/4(火) 18:18配信

SEKAI NO OWARI、黒木渚、ケラケラなどを輩出した音楽レーベル・Lastrumが主催するオーディション企画「ニューカマー発見伝」が開催される。

今回のオーディションではジャンルや活動形態などを問わず、さまざまなアーティストからの応募を受け付ける。最優秀アーティストには賞金100万円が送られるほか、LastrumとCDリリースに向けた育成契約を結ぶことができる。応募締切は11月13日23:59。

所属アーティスト コメント
黒木渚
音楽家を目指す若い才能が、キッカケを掴んでこちら側の世界へ飛び込んできますように。
楽しみに待っています。

Charisma.com いつか(MC)
ごきげんよう、カリスマドットコム いつか です。
この度、ラストラムは素敵な仲間を募集する運びとなりました。
当日は、審査員の方を豚だと思って力を存分に発揮して下さい。
私もいるかもしれません。眼鏡をかけた豚だと思って下さい。
新しい刺激、随時お待ちしてます。

ケラケラ MEME(Vo)
私自身、歌手になりたいと思いながら、今の自分じゃまだ無理かな、となかなか踏み出せずにいました。でも、一歩踏み出して、ラストラムと出逢った事で、私の人生は大きく変わりました。

一歩踏み出してみるだけで、沢山のチャンスや世界が広がっていきます!! ラストラムは家族みたいにあたたかい事務所なので、一緒に夢にむかって突き進んでいけると思います!!ぜひ、一歩踏み出してみてください(^^)

サカモト教授
ゲーム音楽を演奏する人は世界中にたくさんいますが、頭にファミコンを乗せてそれをやる人は世界に1人しかいません。ちょっとしたアイデアでも、かけ算することでオンリーワンを作れたりします。オンリーワンは強いです。みなさんの音楽活動が長く続くかは、いかに強烈なオンリーワンになれるかにかかっていると思います。「頭」を使いましょう!

Suck a Stew Dry ハジオキクチ(G, Cho)
思い返せばLastrumとSuck a Stew Dryの出会いも某フェスのオーディションでした。エントリーしていた僕らのライブを怪しげなおじさんが観に来てくれたのを覚えています。結局そのオーディションには落選してしまいましたがLastrumとは今も続いていて某フェスにも何度か出演できました。
さて、この度そのLastrumが20周年を迎えるにあたって大々的にオーディション開催することになったそうです。20年もの歴史のある会社がそれを機に新しいことにチャレンジするというのはどのくらいのエネルギーがかかっているのでしょうか。想像してみると僕は結構ワクワクします。このLastrumの新たなチャレンジに乗っかってやろうという人は是非エントリーを。僕らも皆さんと共演できるように頑張りますのでよろしくお願いします。

LILI LIMIT 土器大洋(G)
僕らが心の中で叫んでいる、「くそう。この日本の◯◯な音楽界に、一発かましてやりてえよ。」といった、健全なアウトロー精神を尊重してくれる。むしろそれを武器にしようとしてくれる。ていうか、社長が一番アウトロー。ラストラムは最高のチーム! 必ず好きになれるよ!

Official髭男dism 藤原聡(Vo, Key)
ラストラムでなければ、地元で社会人をしていた僕たちはデビュー出来なかったと思ってます。それだけスタッフの熱意、実力はどこにも負けない最高の事務所です。あなたとレーベルメイトになれる日を楽しみに待ってます!

ONIGAWARA 斉藤伸也(Vo, GAYA, Programming)
俺が偉そうなことを言える立場ではないが、はっきり言おう。CDデビューへの道and100万円はデカい! 超デカい。そして何よりオーディションを勝ち抜いた、ということが一番の自信につながるでしょう。何かを表現するにあたって大事なのは、まず自信だと思います。野心ある(特定のプロダクションやレーベルに所属していない)ミュージシャンは参加すると良いと思う! ラストラムはアットホームなレーベルです!

ONIGAWARA サティフォ(Vo, G, Programming)
君もこのオーディションで第二のONIGAWARAを目指してみよう! 待ってるね*\(^o^)/*

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

最終更新:10/4(火) 20:38

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]