ここから本文です

【公演レポ】KNTV 20th & DATV 7th Anniversary Live 2016 オフィシャルレポート

WoW!Korea 10/4(火) 22:56配信

10月1日(土)、KNTVの開局20周年とDATVの開局7周年を記念したK-POPイベント『KNTV 20th & DATV 7th Anniversary Live 2016』が横浜アリーナにて開催。「SUPER JUNIOR」キュヒョン、「2PM」、K.will、「NCT」、「BEE SHUFFLE」が出演し、昼・夜二回公演で18,000人を動員した。

【画像】「KNTV 20th & DATV 7th Anniversary Live 2016」

 夜公演の直前にはフォトセッションが行われ、出演チームがひと組ずつ登壇。スカパー! の公式キャラクター スカッピーとポーズを取るなど、集まった取材陣のカメラに応じた。

 今イベントのMCを務める「SUPER JUNIOR」のイトゥクは、キュヒョンとともに登場。二人で向かい合って手を合わせてポーズを取ったり、スカッピーの目を二人で隠すいたずらをしたり、キュヒョンがムービーカメラに向かい日本語で「かわいくなるように撮ってください~」と愛嬌を振りまいたりと、和やかな雰囲気を作り上げた。

 今回、イトゥクとともにMCを務める「ますだおかだ」の増田英彦とイトゥクのツーショットでは、イトゥクと増田が揃って芸人ポーズをとったり、イトゥクが増田の相方、岡田のギャグを披露し、仲のよさをアピールした。

 最後は、ラグジュアリー感のある衣装に身を包み、佇まいからしてベテランの風格を醸し出した「2PM」が登壇。スカッピーとの撮影では、Jun.Kがスカッピーをメンバーの間に案内し、退場の際にはニックンがエスコート。ジェントルマンっぷりを見せていた。

 19時、スクリーンに出演者の紹介VTRが流れ、夜公演がスタート。トップバッターで登場したのは、日本を拠点に活動する日韓ボーイズグループ「BEE SHUFFLE」。白と金を基調にしたおなじみの王子ルックで華やかなイベントの幕開けを飾った。

 そして観客の大きな声援を浴びながら、ブラックスーツに身を包んだイトゥクと増田、KNTV・DATVアナウンサーの宮本優香がステージに登場。イトゥクは「今日は増田さんの相方をします。ねずみのチュ~、牛のギュ~。閉店ガラガラ~。出た! 」と、早速ますだおかだの持ちネタを続けて披露。増田も「完ぺき! シャッターのキレがいい」と返し、息の合ったとやりとりを見せていた。

 続いてのステージは、「SUPER JUNIOR」も所属するSMエンターテイメントから今年デビューした大型新人グループ「NCT」。今回は、「NCT」内ユニットである「NCT-U」と「NCT127」に属する9人が来日。熱いパフォーマンスを繰り広げた。

 「NCT-U」のデビュー曲『The 7th Sense』のイントロが流れ、ステージに置かれたパネルが中央から開くと、スポットライトを背にした「NCT-U」がゆっくりとステージに現れた。新人とは思えないキレキレでシンクロ率の高いダンスパフォーマンスに、そこかしこから黄色い声援が飛ぶ。続いて、「NCT-U」のボーカルチームであるジェヒョン、ドヨン、テイルがスタンドマイクに持ち替え、『WITHOUT YOU』を熱唱。ダンスだけでなく、歌唱力も抜群ということを証明した。

 ここで9人全員がステージに登場し、あいさつの時間に。日本人メンバーのユウタは「緊張しちゃって(笑)関西弁が出ちゃうかもしれません」と言いながらも、しっかりとMC役を務めあげた。自己紹介では「かっこいい先輩がたくさんいるけど、見惚れんといてな! 」とリップサービス。ファンたちをノックダウンさせた。

 その後、「NCT127」が『Once Again』、『Fire Truck』を続けて披露。『Fire Truck』では、アクロバットを始め、空中飛行や無重力ダンスなどキャッチーなダンスを次々に繰り出し、キラキラした10代の輝きをアピールした。

 KNTVとDATVのCMをはさみ、再びMCタイムに。イトゥクと増田は、イトゥクが司会を務めるトーク番組『スターキング』のMCルックを真似た、赤い蝶ネクタイ姿で登場。増田がカン・ホドン ジュニアに扮し、二人で『スターキング』の決めポーズを再現した。続いて、イトゥクが増田に「SUPER JUNIOR」のオリジナルあいさつを伝授。イトゥクが「僕たちは『SUPER JUNIOR』エヨ! 」と叫ぶと、会場に『ウリヌン『ELF』エヨ』というお約束の返しが響く。その一体感たるや! 「僕もやりたい! 」と挑戦した増田は何度か失敗しながらも、最後はしっかりと決め、観客との絆を結んだ。

 スクリーンに、キム・スヒョンやパク・ソジュンなど豪華俳優陣たちからのお祝いメッセージと、KNTV&DATVのヒストリーを映像で振り返る映像が流れ、K.willのステージへ。K.willといえば、ドラマOSTを多く歌う“OSTの貴公子”。この日は、DATVで放送予定の『太陽の末裔 Love Under The Sun』の挿入歌『言って! 何してる? 』、KNTVで日本初放送した『最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~』から『Real love song』を披露。力強くも甘い歌声で、会場全体を温かい雰囲気に包み込んだ。

 歌の合間には、ライブで鍛え上げたトーク力を遺憾なく発揮。「ご覧のとおり、出演者の中で僕が一番の高齢で、僕だけアイドルではありません」、「ドラマに出演している男性はかっこいいですよね。でもあれはドラマの中だけ存在しているんです。僕は韓国人だけど、友人を見てもあんなではないです」と、淡々とした口ぶりながらも、随所に笑いを加えるトークで、会場を盛り上げた。また、ペットボトルの水をストローで飲み「おかしいよね」と言って直飲みするという、K.willのライブの鉄板ネタを披露すると、K.willファンから「ヒュ~」という歓声が上がった。

 K.willの真骨頂とも言えるバラードナンバー『恋しくて恋しくて恋しい』では、ステージにスモークがたかれ、幻想的なステージを演出した。「今日はいい日なので盛り上がる曲を歌いますが、僕はバラード曲が本当に多いんです。これもご縁なので、一度、僕のことを検索するのもいいのではないかとおもいます(笑)」と言ってもう一度沸かせると、ラストソング「胸がときめく」へ。観客たちが手拍子をしたり、サビを合唱しながら幸せそうな笑顔で聞いていたのが印象的だった。

 イトゥクの「次は大事な弟、キュヒョンです! 」という呼び込みをきっかけに、キュヒョンのステージがスタート。紹介映像が流れるやいなや、会場にはひときわ大きな声援が響き、会場一面に「SUPER JUNIOR」のイメージカラー“パールサファイアブルー”のペンライトが光り輝いた。今年5月に発売した日本初のソロシングルの収録曲3曲と、スキマスイッチの『奏(かなで)』、ソロとしての代表曲とも言える『光化門で(KR)』の5曲を披露したキュヒョン。流暢な日本語と伸びやかな歌声で歌い上げ、ファンをうっとりさせた。

 この日は、トークもキレキレ。ほぼ全てのトークを日本語でやり遂げた。スタンディングで聞き惚れるファンを気遣って「皆さん座って聞いてくださいね。みなさんの足はオレのものだから。ハハハ」とかっこいいことを言ったり、キュヒョンファンにはお馴染みのネタ「えーじゃないか、えーじゃないか」をファンと声を合わせたり、それを舞台裏にいる通訳さんに言わせるというむちゃぶりをしたり。周りを巻き込むトークで、いつの間にか会場はキュヒョンペースにはまっていった。

 ファンへの感謝の気持ちを込めた『Celebration~君に架ける橋~』では、歌いながらアリーナを囲む外周をゆっくりと歩き、観客と急接近。握手をしたり、最後列のファンに向かって大きく手を振って盛り上げた。

 4曲が終わると、「SUPER JUNIOR」ファンにうれしいサプライズが! イトゥクが水の入ったペットボトルとタオルを持って、突然ステージに現れたのだ。タオルでキュヒョンの上半身や顔の汗を拭いたり水を飲ませる、“自称マネージャー”のイトゥク。キュヒョンはストローで水を一口飲み、そのストローをイトゥクの方に向けると、会場には絶叫に近い声が鳴り響いた。最後はキュヒョンに「マネージャーさん、帰ってください」と言われ、いそいそとステージ袖に引っ込むイトゥク。二人の仲の良さにほっこりとした一幕だった。

『光化門で(KR)』ではファンにマイクを向け、大合唱。最後は天井から色とりどりの風船が会場全体に降る演出で、ロマンチックなステージの幕を閉じた。

 ここでキュヒョンのいるステージにMC陣が登場。イトゥクの提案で、キュヒョンがドラマ『君を愛した時間~ワタシとカレの恋愛白書』のテーマ曲『私たちが愛した時間』を披露するが…。キュヒョンの甘い歌声でうっとりとさせると思いきや、イトゥクが歌っているように口パクをし、その後ろにキュヒョンが隠れて歌う、コントのような状態に。そしてそのまま増田が二人に、自身の著書で紹介されている“韓国語の覚え方”を伝授する展開に。「チャリンコ置く場所(チャリ)」や「夜シミ(※ヨルシミ=一生懸命)ができるくらい頑張った」というダジャレを教えてもらった二人は、ノリノリのアクションつきで真似をする。特に、自転車を置く動作がこぶしを握っているように見えたキュヒョンに増田は「五木ひろしか! 」とツッコミ。観客も大爆笑していた。ペ・ヨンジュンからのお祝いメッセージとイトゥクのあまり似ていない(? )ヨン様の真似で会場が温まると、いよいよ舞台は大トリ「2PM」のステージに突入する。

「5、4、3、2PM~」とイトゥクが叫ぶと、会場にはメンバーカラーの色とりどりのペンライトが光った。その光景はまるで宇宙に浮かぶギャラクシーのようだ。

 まずは、9月13日に韓国でリリースされたばかりの『Promise(I’ll be)』を日本初披露。余裕と風格、そしてセクシーさを感じさせる圧巻のステージングで“「2PM」ここにありき”を見せつける。『My House』を終え、トークタイムに。流暢な日本語で和気あいあいとした掛け合いを見せる6人。Jun.Kが8月に韓国で発売したソロアルバム収録曲を披露する際には、歌う気マンマンのJun.Kに、テギョンが「1フレーズだけだよ(笑)」と一言。Jun.Kはその声を無視して、感情たっぷりに長めのサビを歌うと、両サイドでテギョンとジュノが「チャー」、「ヒュー」、「ズンズン」と不思議なボイスパーカッションで盛り上げた。

 3曲目の『ミダレテミナ』では、歌いながらアリーナの外周を二手に分かれてゆっくりと回る6人。ハイタッチだけでなく、ハグまでする大サービスで、ファンのテンションをこれでもか! と上げていく。『10 out of 10(10/10)』では、ウヨンがステージ上ででんぐり返し。ステージの先端に炎が燃え上がる演出のあった『Hands up』では、テギョンとジュノが炎の出る場所をタイミングよく指をさして「ファイアー」と絶叫したり、ニックンがおどけたダンスを躍ったり。子供のようにはしゃぐ6人の姿にキュンとした。

 ラストソング『NEXT Generation』で再び6人が客席の近くへ行くと、会場はこの日最高の盛り上がりを見せた。魅せるときは最高にクールに、遊ぶときは思い切り盛り上がる-。そんな「2PM」の魅力をたっぷりと堪能できる時間だった。

 全てのアーティストの公演が終わると、イベントもいよいよクライマックスへ。出演者全員で左から右にアリーナの外周を練り歩き、サインの書かれたピンクのハート型のクッションを一人ずつ客席に投げ入れた。最後は、出演者全員で手をつないで一列に並び、90度のお辞儀。大盛況の中、感動と笑顔あふれるイベントの幕を閉じた。

最終更新:10/4(火) 22:56

WoW!Korea

なぜ今? 首相主導の働き方改革