ここから本文です

専大が逆転サヨナラ勝ち ドラフト候補・森山主将は適時二塁打で貢献

デイリースポーツ 10/4(火) 20:22配信

 「東都大学野球、専大8-7日大」(4日、神宮球場)

 専大がシーソーゲームを制して逆転サヨナラ勝ち。1点を追う九回、6番・秦匠太朗外野手(2年・二松学舎大付)の中前適時打で追いつくと、なお2死一、二塁から代打・上木健晴捕手(4年・大垣日大)が左越えに適時二塁打を放って、激闘に終止符を打った。

 ドラフト候補の森山恵佑外野手(4年・星稜)は七回に一時は勝ち越しとなる左越え二塁打を放ち貢献。「あそこだけですね」と苦笑しつつ「久々にいいスイングができた」と自賛した。

 今季は開幕から3カード連続で勝ち点を落とし、厳しい状況。それでも、斎藤正直監督は「10敗してもいいじゃないか!とにかく一生懸命やろう!!」と、あくまで明るくナインを鼓舞していた。

 指揮官のゲキに応える劇的な勝利に、主将の森山は「踏ん張りながらいった結果がサヨナラになった。今日はいいゲームだった」とニッコリ。20日にはドラフト会議が控えるが「開き直るしかない。吹っ切ってやる」と、気合を入れ直した。

最終更新:10/4(火) 20:25

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]