ここから本文です

新「ATOK」&無線LANを搭載した新ポメラ「DM200」10月21日に発売

ITmedia Mobile 10/4(火) 20:24配信

 キングジムは、10月21日にデジタルメモ「ポメラ」の新モデル「DM200」を発売する。価格は4万9800円(税別)。

【正面の写真】

 本製品にはPCと同等の高性能変換エンジンを備え、語彙(ごい)数も従来機種の約3倍となった本器専用の日本語入力システム「ATOK for pomera[Professional]」を搭載。入力作業に適した7型ワイド画面とキーピッチ17ミリのキーボードに加え、約18時間の連続駆動やモバイルバッテリーからの充電も行えるリチウムイオンバッテリーを搭載している。

 ポメラ初となる無線LAN機能も搭載し、作成した文章のメール送信やiPhone/Macのメモアプリと同期できる「ポメラSync」機能を利用可能。読みやすく、入力しやすいモリサワ「UD新ゴR」と「UD黎ミンR」を採用し、新たに「角川類語新辞典.S」も追加。文章データをQRコードに変換でき、iOS専用アプリ「pomera QR code reader」を使用すれば最大で約5万文字のデータをQRコードへ変換できる。

 サイズは約263(幅)×18(高さ)×120(奥行)mmで、重量は約580g。対応記録メディアはSDメモリーカード(最大2GB)、SDHCメモリーカード(最大32GB)。IEEE802.11b/g/n (2.4GHz帯)をサポート。カラーはブラック1色。発売に合わせ、パームレストとしても使用できる専用ケースと専用保護フィルムも発売する。

最終更新:10/4(火) 20:24

ITmedia Mobile